AO・推薦入試「活動報告書」の書き方のポイント

シェアする

AO入試や推薦入試では、志望理由書の他に「活動報告書」という書類を作成しなくてはなりません。その名の通り、今までの自分の活動の履歴を記入していくのですが、手あたり次第何でも書いていいわけではありません。今日は、そのポイントを説明します。

活動報告書に記入する内容

活動報告書には、これまでに自分が取り組んできた活動や、そこで得た実績、英検や漢検などの取得資格などを書いていくことになります。

ここで注意したいのが、取得した資格の羅列や、これまでの活動を報告するだけでは不十分であることです。ただ単純に活動を報告しただけでは、「なんでこれをアピールするの?」と、教授たちにうまくアピールできない可能性が高くなります。

その活動を行い得られたことや、努力したことなどをしっかりとアピールしてください。英検などの資格もそうです。なぜ英検を受験したのか、資格を取得するのにどんな努力を重ねてきたのか、その結果どんなことが得られたかを書きましょう。

スポンサーリンク

活動報告書の記入例の一部

×ディベートの大会に積極的に参加し、〇〇の大会では優勝を果たした。
私は海外の高校生とディベートをする機会があった。そこで痛感したのは、日本人のディベート力の弱さだ。そこで、国内外で行われるディベートの大会に積極的に参加するようになり、〇〇の大会では見事に優勝を果たした。この経験を通して、論理的に物事を考える力、英語で自分が伝えたいことを的確に伝える力が養われた。

記入する内容が思いつかない人は

毎年、「何を書いたらいいのかわかりません」「私には実績と呼べるものが何もありません」という受験生が出てきますが、そんなことはありません。あなたが気づいていないだけで、あなたの素晴らしい活動は必ずあります。

謙虚すぎる受験生がこのパターンに当てはまりますが、まずは、真剣に自分の過去を振り返って、自分がこれまでにしたことを、取り組んできたことを箇条書きにしてみてください。

その上で、学校の先生でも友人でも構いませんので、「何をアピールすべきか」相談してみてください。きっと真剣に相談に乗ってくれるはずです。自分ではアピールポイントではないと感じていても、他の人から見ると素晴らしいアピールポイントだったりするものです

スポンサーリンク

シェアする

スポンサーリンク