青山学院大学入試「英語」の出題傾向と対策・勉強の仕方

スポンサーリンク

青山学院大学の入試「英語」の出題傾向と対策・勉強の仕方です。青山学院の英語は、全体的に難易度が高いです。特に長文は、難しいので、早慶上智レベルまでの英語力が必要となります。それでは、青山学院大学入試「英語」の出題傾向と対策・勉強の仕方をみていきましょう。

青山学院大学入試「英語」の出題傾向

青山学院の英語は、学部によって、出題傾向が異なるのが特徴。出題されるテーマが異なります。英語長文は、難易度が高い。文法、語彙力の問題、学部によっては、自由英作文、リスニングも出題されます。センターレベルまでは完ぺきに仕上げても、合格点は望めません。早い段階で、基礎力をつけ、応用力、実践力を養っていく必要があります。

青山学院大学入試「英語」の対策

  • 長文読解
  • 英作文対策
  • 語彙力
スポンサーリンク

長文読解

現代文並みの読解力が必要となります。文章も長いので、相当な力が要求されます。スラッシュリーディング、パラグラフリーディング、フォトリーディングなので、自分に合った速読法の習得も必要かもしれません。テーマは、時事的なことも出題されることもあるので、日常から社会問題についてはアンテナを張っておきたいところです。青山学院の英語の長文は、できる限り多くの英文に触れ、精読と速読の両方に取り組む必要があるということです。

英作文対策

青山学院の英作文は、法学部、理工学部、文学部で出題されます。法学部では非常に難易度の高い自由英作文になっているので、専用テキストで何度も繰り返しやることが必要になります。添削は、先生にしてもらい、添削後も、それを参考にし、書き直すまでは、1つの型にしてきましょう。文学部は自由英作文はもちろんですが、難易度の高い和文英訳の対策も必要となります。

語彙力

青山学院の英語では、文法や構文はもちろんですが、派生語や慣用表現など幅広い語彙力も要求されるので、難しめのテキストを1冊仕上げておきましょう。また、常日頃より自分の知らない単語や表現はノートなどに書き取り、自分なりの単語・表現集などを作成するなどして貪欲に見つけていく必要があります。

以上が、青山学院大学入試「英語」の出題傾向と対策・勉強の仕方です。

その他の大学の英語対策

スポンサーリンク

フォローする

スポンサーリンク