青山学院大学入試「数学(文系・理系)」の出題傾向と対策・勉強の仕方

スポンサーリンク

青山学院大学入試「数学(文系・理系)」の出題傾向と対策・勉強の仕方です。青山学院大学の数学は、英語に比べると難易度は低く、標準的な問題のレベルとなっています。ただし、それ相応の計算力が問われるので、日ごろから途中式や過程をしっかり書きながら解くことをこころがけておきましょう。それでは、青山学院大学入試「数学(文系・理系)」の出題傾向と対策・勉強の仕方です。

青山学院大学入試「数学(文系・理系)」の出題傾向

青山学院大学文系学部では、学部によって、全問マーク式か、マークと記述が出題されるなどこうせいが違うので、自分の学部がどちらであるか確認が必要です。記述が出題される経済学部A方式、社会情報学部A方式。経営学部A方式、法学部A方式、国際政治経済学部は記述対策も十分に行っておきたいところです。

青山学院大学理系学部は、オーソドックスで標準的です。「微分・積分」を中心、全単元網羅的に出題されます。ですので、苦手分野を作らないことが先決です。とくに、「微分・積分」、「ベクトル」、「確率」は、標準~応用レベルまで仕上げられるといいでしょう。

青山学院大学入試「数学(文系・理系)」と対策

  • 計算力をつける
  • 微分・積分の対策
スポンサーリンク

計算力

教科書の章末問題レベルまたは、黄チャートなどに出てくる計算の基本的な解法パターンは習得しておきたいところです。公式は、覚えるというより使いこなせないといけませんので、どんどん説いて体で覚えていきましょう。また、公式の理解や照明ができれば御の字です。

微分・積分の対策

青山学院大学の数学の「微分・積分」については、その単元に特化したテキストを標準的なもので構わないので1冊を何度とも繰り返して習得することが欠かせません。ある程度の計算力が要求される部分です。とくに定積分の計算は煩雑なものが多いのでしっかりと答えまで合わせられる練習が必要となります。

その他の大学の数学対策

以上が、青山学院大学入試「数学(文系・理系)」の出題傾向と対策・勉強の仕方となります。

スポンサーリンク

フォローする

スポンサーリンク