AO入試におけるプレゼンテーションの仕方で最も大事なポイント

AO入試におけるプレゼンテーションの仕方で最も大事なポイントについてです。ビジネスやコンテストの場合のプレゼンテーションとは、その趣旨や大事なポイントが異なるので注意が必要です。それでは、AO入試におけるプレゼンテーションの仕方で最も大事なポイントについてみていきましょう。

AO入試におけるプレゼンテーション

ビジネスやコンテストのプレゼンテーションでは、最終的なゴ-ルは、「共感を得たり、出資を受けたり、ファンを増やたりしていくこと」となる場合が多いです。

一方で、AO入試におけるプレゼンテーションでは、最終的なゴールは、「合格すること」です。その合格するために、大事になってくることは、「アドミッションポリシーとの親和性を前提とした”論理性”」です。これは、志望理由書、論文、面接でも一貫して、問われることとです。

スポンサーリンク

論理性とは…

三段論法は論理的思考の基礎というべき技法です。AならばB、BならばC。したがってAならばCという具合のロジックになります。論理性とは、コミュニケーション能力を指すのではないということは、念を押しておきたいです。論理性とは、考えや議論などを進めていく筋道。思考や論証の組み立てであり、思考の妥当性が保証される法則や形式。

AO入試で、いいプレゼンにするコツ

kissの法則

Keep it short and simple(短くシンプルに)

<短く>

  • 資料は、箇条書き(体言止め)・でかく(情報は凝縮する)
  • 必要のないものはどんどん削除する。
  • 数字は大きく、単位は小さく。
  • 囲んで強調しなくていい
  • スライドの場合は、最後に「まとめ」があると新設
  • あ~、え~など言わない。(無意識になっている人がいるので気をつける)
  • 余計なことは言わない。

<シンプル>

  • 言いたいことは、腹八分目でちょうどいい
  • 大きめのジェスチャー(自分の気分も乗ってきます)
  • 声に抑揚(大事なことは、小さく言う)
  • 資料を棒読みしない。(あなたが言わなくても、わかる)
  • 主張したいことは、3連チャン「人民の、人民による、人民のための政治」

<その他>

  • 視線は、端っこから端っこを(全体を見渡すイメージ)
  • 気持ちゆっくり話す
  • 笑顔

見られているのは、”論理性”であることをお忘れなく。

あわせて確認