アドミッション・オフィス入試の志望理由書の例と考察

スポンサーリンク

アドミッション・オフィス入試の志望理由書の例と考察していきたいと思います。実際の架空の志望書を例にとりながら、いていきましょう。今回は、400文字バージョンになっています。

アドミッション・オフィス入試の志望理由書

<ある例>
私は、警察官を志す。危険から守り給えと祈るのではなく、危険と勇敢に立ち向かえるように、貴学で学ぶことに決めた。犯罪やテロが多様化し、巧妙になる現代、最新の専門知識の取得が必要不可欠だ。また、国際化が進み、外国人犯罪も増加する未来、高いコミュニケーション能力も必要である。そこで私が目をつけたのは、パブリックセキュリティ領域だ。法律に加え、犯罪心理学やテロ対策なども実務経験のある人から直接学べる。さらに貴学では希望する卒業後に見合った専門科目を自由に選択することが可能だ。多くの危機管理学に精通するこで、未知数の犯罪に対応できると考える。貴学には交換留学生が多いという利点もある。日本での交流はもちろん、中国語圏交換留学に参加し、中国語と英語に長けた人を目指す。危機管理能力を持つ警察官はまだ少ない。リーガルマインドを身に付け、より多くの人命を救うべく、私が先陣を切って社会に貢献しようと考える。
スポンサーリンク

添削・講評

  • 犯罪やテロが多様化⇒どう多様化したのか、一例があげるといいでしょう。(例)インタネットを利用するなど犯罪やテロが多様化し
  • 少し夢や願望を語りすぎている感があります。これは志望理由書で、なぜその大学、学部で学びたいかにフォーカスしましょう。
  • 段落分けや流れなど書き始める前の構想が大事です。
  • 誤字脱字には気をつけましょう。
  • その大学で学べることや仕組みについても触れられている点はいい点です。また知っているだけでなく、どう活用し、どうしたいのかと具体性がありよいです。

あわせて読みたい

スポンサーリンク

フォローする

スポンサーリンク