AO入試に向く人・向かない人。どんな人が向いているのかを解説!

スポンサーリンク

AO入試制度について、解説していきます。私って、AO入試は受験できるのだろうか?AO入試って、どんな入試制度なのだろうか?AO入試は、どんな人が受かるのだろうか?そんな疑問にお答えします。

AO入試制度

AO入試は自己推薦などに似た入試制度になります。AO入試は、もともとアメリカで生まれた入試方法で、本来は選考の権限を持つ「アドミッションズ・オフィス」という機関が行う、経費削減と効率性を目的とした入試といわれています。AOとは<Admissions Office>の頭文字を取ったものです。

日本では、1990年慶應義塾大学の湘南藤沢キャンパス(SFC学部)が、他に先駆けて導入し、各大学が独自のやり方で行っているというのが現状です。ですので、各学校で、AO入試とは別の名称がついている大学もあります。一芸入試など。一般的に、AO入試は、学校長の推薦を必要とせず、書類審査、面接、小論文などによって受験生の能力・適性、目的意識、入学後の学習に対する意欲などを判定する、学力試験にかたよらない新しい入試方法として位置づけられています。

現在では、大学入学者の約10%がこのAO入試制度を利用して、進学をしていています。
参考AO・推薦入試「志望理由書」受かる型を伝授!

スポンサーリンク

AO入試の合否までの流れ

学力では測れない個性豊かな人材を求めることを目的としていていますので、学力よりも目的意識や熱意・意欲を重視しています。ですので、多くの大学では、エントリーシート(志望理由)を提出したのち正式に出願させることが普通です。

選考方法は「書類審査+面接」が最も多く、オープンキャンパスで事前面談を行ったり、セミナー受講、レポート作成、研究発表などを合わせて実施する場合もあります。出願・選考方法、合格発表時期は大学によってさまざまですので、これからこのサイトでは、各大学ごとに、その情報を記述していきます。

AO入試は、どんな人が向いているの?

  • 「どうしてもこの大学で学びたい」といった熱意がある学生
  • 部活動や課外活動を一生懸命頑張って、全国レベルでの活動実績を残してきた学生
  • 「自分の世界観」を持っている学生
  • 語学などをはじめとし、高校卒業程度以上の資格を取得した学生
  • 受験する学部への関心が高い学生
  • 文章力・発言力がある学生

もちろん、学力は問われなくても、基礎学力があることが前提です。面接を通して、基礎学力がないと見抜かれてしまいます。

まとめ

今回は、AO入試についての大枠をまとめました。次回からは、具体的なAO入試への対策や大学ごとの傾向など記事にしていければと思っています。AO入試は、誰でも受験できる制度だからいって安易に合格を勝ち取れるほど、甘くはありません。

あわせて読みたい

スポンサーリンク

フォローする

スポンサーリンク