大学入試生物「クエン酸回路の覚え方」不倫のおっさんがサポート!

大学入試生物でクエン酸回路を覚えるのに苦労している人はいませんか。今日はクエン酸回路の簡単な覚え方を伝授します。

クエン酸回路の覚え方

ポイントは中間生成物名と炭素数の変化、そして脱水素反応によりNADH+H+やFADH2が生じる場所になります。

クエン酸回路をマスターするには、まずはクエン酸回路で生じる中間生成物名を覚えることから始めてください。それから炭素数の変化と脱炭酸反応の場所を覚え、最後に脱水素反応でNADH+H+やFADH2が生じる場所を覚えましょう。

クエン酸回路マスター手順
  1. 中間生成物名などを覚える。
  2. 炭素数の変化脱炭酸反応の場所を覚える。
  3. 脱水素反応NADH+H+FADH2が生じる場所を覚える。
スポンサーリンク

「不倫のおっさん」で覚える

悔いはあるけど すぐに告白 不倫のおっさん

クエン酸回路はこの語呂合わせで覚えれば、大学入試レベルの問題には十分に対応できると思います。

クエン酸回路

クエン酸回路は、呼吸の第一段階である「解糖系」で生成したピルビン酸が、アセチルCoAになり反応系に組み込まれることで始まります。

  • ピルビン酸 + NAD+ + CoA → アセチルCoA + NADH+H++ CO2

クエン酸回路の詳しい説明

クエン酸回路の詳しい説明は下記の記事を参考にしてください。また、呼吸全体の反応や電子伝達系でのATPの合成過程なども詳しく説明しています。

あわせて読みたい記事

おすすめの参考書や勉強法を紹介しています。是非参考にしてみてい下さい。

センター試験対策情報

おすすめの勉強法や参考書