文理選択について知っておきたいこと!高校1年生必見!

高校によっても時期が異なりますが、高校1年生の終盤に「文理選択」という、今後の自分の進路を左右する一大決定をしなければなりません。今日は文理選択の重要性について解説します。

文理選択とは?

進学校のほとんどで行われている文理選択。早い高校では入学当初から、遅い高校でも高2生のスタート時点から「文理分け」が行われます。このときに、文系の道に進むか、理系の道に進むかの一大決心が迫られることになります。将来受験する大学や進む学部も限定されてしまう決断ですので、ここはしっかりと自分の将来について考えてから選択するようにしましょう。

文理選択を行う際に避けてほしいのが、苦手な教科があるからという理由で選択してはならないということです。数学の点数が悪いからという安直な考えのもと文系を選択したり、英語が苦手だから理系を選択してはなりません。

自分の中で興味にある学問や職業などが、文系理系どちらの分野に大きくかかわりがあるのかをしっかりと考えてください。もし、まだ興味のあることが見つからない場合は、この時期に多くの本を読んだり、新聞やニュースを見たり、いろんなイベント、セミナーに参加してみるよよいでしょう。

スポンサーリンク

文理選択の基準

文理選択を行う際に気をつけたいことは、先にも述べたように教科の好き嫌いなどで決めないことです。次のことを考えながら文理選択を行いと良いでしょう。

今後学びたい学問は何か?

小学校、中学校、高校、あとは日常生活を振り返ってみて、将来こういう学問を研究してみたいという考えがある人は、その考えを基準に文理選択を行ってください。学びたいことが明確になれば、志望する学部を絞り込めますし、学部が固まれば入試に必要な科目などからコースを選ぶことができます。更に大学の特徴も焦点を当てて見ることができます。

将来なりたい職業は何か?

特に学びたい学問が見つからない場合は、将来なりたい職業を考えてみてください。例えば弁護士になりたいのなら法学部に進学することになりますが、この場合は文系を選ぶことになります。看護師としてはたらきたい場合は理系に進むことになります。将来の職業から文理選択をすることも考えられます。

ただし注意してほしいのが、大学は、就職のための学校ではありません。大学は学問を追求する場所であり、就職予備校ではないことを頭に入れておいてください。無理に大学に行く必要もありません。社会人になり必要になったときに大学に進学しても良いのです。

趣味や興味があることは?

学びたい学問も、将来なりたい職業もないのでしたら、今興味があることや趣味などを考えてみてください。例えば、ゲームが好きだとか、パソコンをさわるのが好きだという方は、工学部の情報関係を研究してみてもいいかもしれませんね。

文転・理転はできるのか?

理系コースに進んだが、研究したい分野が文系の学部になる場合、文系コースに転身することはできるのでしょうか。理系コースから文系コースに、文系コースから理系コースに転身することを文転、理転といいます。

はっきり言って、文系と理系では単位の構成が異なります。そのため学校の先生はなかなか許してくれないのが現実です。仮に許してくれたとしても、単位数が違いますので、追いつくためには相当の努力が必要になるのが現実のようです。

特に理転は、文系の理科とは比較にならないくらい難解な理科教科が待っています。遅れた分を取り戻すのは至難の業になるでしょう。よく考えたうえでの転身でしたら仕方のないことなので努力でカバーするしかないのですが、安易な考えでの転身は自滅の道です。

まとめ

文理選択は高校1年生にとって非常に悩ましいものです。毎年多くの高校生から相談が相次ぎます。確かに高校1年生という若さで自分の将来を決めろと言われても難しいものです。

正確に将来のことを決めることが出来なくても構いませんが、この時期は学校だけでなく目を広く外に向けてください。いろんなイベントに参加してみて、周りから多くの刺激を受けるようにしてください。

同じ年代の高校生でも、ここまで意識が高い高校生もいるんだ!と驚かされると思います。学校だけが学びの場ではありません。色んな事に挑戦しましょう。

あわせて読みたい記事

新高1の春の勉強法!ここを乗り切ればすべてうまくいく!
http://tekibo.net/shinkoukousei-2/

進路研究!法学部では何を勉強するの?
http://tekibo.net/jurisprudence/

注目の新学部!滋賀大学「データサイエンス学部」とは?
http://tekibo.net/shiga/