2018年センター試験出題予想・分析とその対策のポイント

2017年のセンター試験の問題とこれまでのセンター試験の傾向を踏まえて、2018年に向けての問題予想とその対策のポイントをまとめてみました。2018年のセンター対策の一助になれば幸いです。今回は、教科・科目別に分析しています。

2018年センター試験は、ズバリこうなる

それでは、教科別に分析していきます。国語・数学、英語の受験者数が多い科目から、理科、社会まで取り上げています。自分が受験しようと思っている科目については、よく読んでみましょう。

スポンサーリンク

国語

評論・小説ともに、いつもレベルは変わらず、解きやすい問題となっています。最近の評論は科学や環境分野についての出題には要注意です。日ごろから、文系を志望する学生でも、そのあたりの分野への興味はもっておきたいところです。ニュースを中心に、時事的な話題には意識して触れておきましょう。小説では、心情の変化の読み取りは不可欠です。普段から、小説を意識して読み、自分なり登場人物の関係図などを作り、その心情や関係性をまとめてみるといいでしょう。また、同じ小説を、それぞれの人物に置き換えて、読んでみるのもいいトレーニングとなります。

古文・漢文については、基礎的な文法や用法はもちろんですが、和歌・詩など幅広い学習が肝となるでしょう。特に、比喩表現の学習に注視したいところです。

数I・A

出題分野、出題形式に大きな変化はみられないでしょう。「2次関数」「場合の数と確率」「図形と計量」「図形の性質」「整数の性質」は、教科書の章末問題レベル、テキストなどの応用レベルまでは仕上げていきたいところです。毎年、「場合の数と確率」で苦戦する受験生は多いです。

数Ⅱ・B

難易度に大きな変化は見られないでしょう。計算量が増加傾向なので、計算処理能力を高めていきたいところです。出題テーマとしては典型的な問題なのですが、文字の式の計算にも慣れておきましょう。数字ではなくアルファベットをマークさせる問題が全体として増加しています。数列で対数計算、対数関数の内分点を求める問題など、複数の分野にまたがる問題にも慣れておきたいです。

物理基礎

「反射波の作図と合成」「気体と液体の圧力」「変圧器と送電」のような、受験生が苦手とするテーマの問題を習得するとかなり有利になるでしょう。

化学基礎

化学基礎の教科書に記載されている基本的な内容だけでなく、補足的に記載されている発展的内容や,実験器具の使い方にも注意を払う必要があります。また、単分子膜を利用したアボガドロ定数に関する問題や,中和滴定に用いる指示薬の色の変化の様子と滴定値から酸と塩基の組み合わせを推定する問題など受験生が苦手とする問題へも挑戦したいところです。

生物基礎

グラフから考察を求める問題、実験結果から考察を求めるような問題などにも慣れておきましょう。

地学基礎

日ごろから教科書に記載している図や表を参照しながら学習することで高得点を狙える科目です。

物理

「熱力学」「波動」は絶対習得。内容面では、新課程となった2017年本試験においては、初めて「電磁誘導」が出題されるなど、まんべなく教科書の内容の理解を深めたいところです。

化学

出題形式に関しては、よく出題される正誤組み合わせ問題、高分子に関する問題など、傾向は変わらないでしょう。過去問を中心にしかkり実力を養っていきたいところです。

生物

代謝(呼吸や光合成)の問題は、2017年には出題がなかったものの、引き続き注意しておきたい単元です。これは、化学反応の詳細を問うような問題もそれと同様です。生物基礎の範囲からの出題は、関連事項がいくつか問われているのみだったことも頭に入れておきたいです。

地学

「宇宙分野」「大気と海洋」はしっかり得点源になるよう学習に取り組みましょう。知識そのものを問う問題も増加傾向にあるので、しっかり暗記することを意識していきましょう。

日本史B

出題形式に変化はなく、表の読み取り・写真・史料・地図など従来通りの出題されると思われます。2017年は、写真を利用した年代配列問題は今までにない出題でありましたので、新傾向の問題も冷静に対処できるまでの力を養っておきたいところです。

世界史B

出題形式では、空欄補充型の語句問題は昨年と変わらず4問出題されるでしょう。グラフを題材とする問題、年表形式の問題は必答なので、しっかり覚えてきたい。地図問題、指定年代の正誤を問う問題も出題されると差が出るところなので、引き続き対策をしておきたい。日本史を意識した問題も出題され、2017年は、治安維持法と日本国憲法に絡めて出題され時事問題も日ごろから意識しておきたいです。

地理B

「自然災害」については、切っても切れない存在となりつつあるので、特に注意して学習しておきたいところです。傾向は毎年同じなので、教科書を中心とした学習をしていきましょう。

英語

毎年、大問数、出題数にほぼ変化はありません。出題分野・出題形式も変わっていなことから、対策はしやすいでしょう。しかしながら、読解問題の比重が高まっており、語彙力や素早い処理能力が必要とされることから、日ごろから、長文対策は施しておきたいところです。

まとめ

現在、高校2年生の諸君は、来年のセンター試験に向けて、やはり、「教科書」を中心とした「基礎固め」を意識した学習が必要です。新しいテキストや問題集を購入したり、予備校や塾のプリントをもらったりすることも多いとは思いますが、ベースとなるのは、「教科書」です。なんでもわからないこと、新しく知ったことは、「教科書」に書き込むことで、自分だけのオリジナルの「参考書」にしてしまうぐらい、「教科書」を使い込みましょう。

センター試験は至って平均レベルの問題しか出題されません。単語の発音・アクセントだったり、単語の意味、教科書レベルの数学問題、漢字の読み書きなど、1・2年生のうちに求められる力で十分に解くことができることも事実です。「今やっていることが受験勉強」という意識を常に持ちながら勉強を進めていきましょう。

あなたにおすすめ記事

点数が取りやすいのは、日本史と世界史は、どちらか。
今回は、受験科目を選択する上で、多くの受験生を悩ますのが、日本史と世界史の科目選択です。気になるのが、どちらが楽で、得点しやすいのかというこ...
私立大学センター試験利用入試のメリット・デメリット
私立大学の入試方法は近年多様化を見せています。センター試験を利用する私立大も年々増加し、2017年度入試では526大学が利用します。これは4...
全然やる気が出ない人のためのすぐ始められるやる気アップの受験勉強法
受験生だから、勉強をしなきゃいけないのは頭でわかりつつも、なかなかやる気が出ない人も少ないないはず。または、やる気はあるんだけど、なかなか勉...

コメント

  1. […] センター試験は至って平均レベルの問題しか出題されません。単語の発音・アクセントだったり、単語の意味、教科書レベルの数学問題、漢字の読み書きなど、1・2年生のうちに求められる力で十分に解くことができることも事実です。「今やっていることが受験勉強」という意識を常に持ちながら勉強を進めていきましょう。(TEKIBO http://tekibo.net/center2018/) […]

  2. […] 2018年センター試験出題予想・分析とその対策のポイント […]