私立大学センター試験利用入試のメリット・デメリット

スポンサーリンク

私立大学の入試方法は近年多様化を見せています。センター試験を利用する私立大も年々増加し、2017年度入試では526大学が利用します。これは4年生私立大学の約9割近くに上る数字で、今ではほとんどの私立大学がセンター試験利用入試を行っていると言っても過言ではありません。今日は私立大学のセンター試験利用入試「センター利用」のメリット・デメリットについてお伝えします。

私立大学のセンター試験利用入試とは

センター試験の得点で私立大学の入学試験の合否を決定する入試方式です。国公立大学入学希望者にとっては、センター試験の勉強と別に私立大学入試の対策をする必要がなく、受験生にとって非常に便利な入試方式になります。しかも、センター試験を受け、単独型の場合は願書を提出するだけで複数の私立大学や学部学科に出願できるので合格を多くとっておきたい生徒にはありがたいシステムです。

一口にセンター試験利用入試といっても、各私立大学で様々なシステムがありますが、大きく大別すると2つのタイプに分かれます。

スポンサーリンク

センター試験利用入試「単独型」と「併用型」

  • センターのみの「独立型」
  • センターと個別試験の「併用型」

センター試験の点数だけをもって入試の合否が決定されるのが「単独型」のセンター利用です。私立大学が個別に課す試験がありませんので、センター試験を受験し、願書を提出するだけでいいという手軽さが魅力です。この「単独型」が私立大学のセンター試験利用入試ではメジャーではないでしょうか。

センター試験の点数と各私立大学が実施する個別試験の点数の合計で入試の合否を決定するのが「併用型」のセンター利用です。大学によっては「センタープラス」と呼ぶこともあります。センターと個別入試の合計点で判断する大学も、点数の高い方を合否判定に採用する大学もあり各大学によって様々なパターンがあります。

参考までに私立大学のセンター試験利用入試の必要教科・科目の参考例を紹介します。

  • センター7科目型
    外国語(200)、国語(200)、数学・理科・地歴・公民から5科目(500)
  • センター5教科型
    外国語(200)、国語(200)、数学・理科・地歴・公民から3科目(300)
  • センター3教科型
    外国語(200)、数学・国語・理科・地歴・公民から2科目(400)
  • センター併用3教科型
    センター:数学・地歴・公民から1科目(100)+独自試験:英語(150)、国語(100)

センター試験利用入試のメリット

便利なセンター試験利用入試ですが、メリット・デメリットもはっきりとしています。受験生にとってメリットとなる点をご紹介します。

  • 国公立大志望者はセンターだけで私大を受験できる
  • 直接試験会場に行って受験しなくてもいい
  • センター試験の受験だけで何回も出願できる
  • 一般入試より受験料が安い

国公立大志望者はセンターだけで私大を受験できる

国公立大学志望者にとって、私立大学の赤本や出題傾向に沿った勉強をするのはどうしても時間が足りません。本命である国公立大学の勉強に専念したいもの。センター試験の得点を私立大学の入試に活用できるのであれば願ったりかなったりです。

センター試験の点数をもって国公立大学の滑り止めを確保したうえで思いっきり本命の国公立大学の勉強に専念できることが最大のメリットではないでしょうか。

直接試験会場に行って受験しなくてもいい

特に、地方に住んでいる学生にとっては非常にありがたいシステムで、わざわざ首都圏や大学がある都市部に行かなくても、願書を提出するだけで受験ができるのは素晴らしいシステムだと考えられます。

センター試験前後は、非常にピリピリとした時期で、1分1秒でも時間を無駄にせず志望大学に向けて勉強に専念したいところです。受験のための移動や宿泊などは、いつもと違う生活パターンになってしまうので、どうしても勉強のリズムが崩れてしまいがちです。この移動に伴う無駄が無くなる点も受験生にとって非常に大きなメリットといえます。

センター試験の受験だけで何回も出願できる

国公立大学の入試のチャンスは、前期と後期日程の2回だけで、中期日程を実施している大学以外は全部で2回の受験チャンスしかありません。私立大学の場合は何回も受験できますが、受験日が同じ場合は同時に受験することはできません。

センター試験利用入試の場合は、独立型の場合出願だけで受験が終了しますので、同時に何校でも出願することができます。この点もメリットになりますが、受験料はその分高くなることは覚悟しなければなりません。

一般入試より受験料が安い

大学入試の受験料は、保護者にとってバカにならない話です。私立大学の受験料の相場は、一般入試の場合25,000~35,000円とかなりの高額。2~3校受験するだけで、交通費などを含めると10万円をすぐに超えてしまします。

センター試験利用入試の場合は、ほとんどの大学で15,000円くらいで受験できます。合格後の入学に必要なお金を考えると、何ともありがたいのではないでしょうか。

センター試験利用入試のデメリット

メリットを紹介しましたが、デメリットももちろんあります。メリットとデメリットをしっかりと考えて受験戦略を立てるようにしましょう。

  • 募集定員が少ないため高倍率になる
  • センター試験で失敗すると全滅に
  • 私立専願の学生にとっては学習科目が増えることも

募集定員が少ないため高倍率になる

これがセンター利用入試の最大のデメリットではないでしょうか。非常に便利な入試システムなのは間違いないのですが、募集人員が非常に少ないので倍率が高くなる傾向があります。センター試験でよほどいい点数を取らなければ合格は難しいでしょう。

したがって、センター利用入試制度を使って本命の勝負する大学への合格は厳しいものとなります。滑り止めの大学をセンター利用入試で決めることが一番いいのではないでしょうか。

センター試験で失敗すると全滅に

センター試験依存型の入試制度ですので、センター試験で失敗した時点で、センター試験利用入試は全滅したことになります。センター前に出願した場合は、その時点で全部不合格、センター後に出願しようとした大学も白紙に戻ってしまいます。

もちろん、センター試験利用入試だけで勝負を考えている学生はいないと思いますので、この場合、一般入試や併用型のセンター利用に切り替えることになりますが、以上のことを踏まえると、過剰な期待は禁物のように思えます。

私立専願の学生にとっては学習科目が増えることも

行きたい私立大学が決定している場合は、私立に向けて必要な教科だけ勉強すればいいのですが、センター試験利用入試がある場合は、学校の先生がそちらを受験するように勧めてきます。学校側どうしても国公立大学の合格実績をつくりたいので、何としてでもセンター試験を受験させようと試みてきます。

一般入試では必要でない教科や科目を学習する羽目になって、自滅する人も少なくありません。

センター試験利用入試で一番注意することは

出願のタイミングには、細心の注意を払ってください。私立大学のセンター試験利用入試の出願時期は、センター試験前に締め切る大学と、センター後に出願ができる大学の2つのタイプに分かれます。

センター試験が良かったからと言って、センター後に出願しようとしても大学によっては願書の提出が締め切られている場合があります。事前に願書を取り寄せ日程の確認をしっかり行うようにしましょう。

まとめ

各私立大学は、入学者数を増やそうといろいろなタイプの入試制度をつくっています。受験する側としては非常に便利なシステムだったりするのですが、本当にその大学に行きたいのかもしっかりと考えてください。

本命の大学には、あなたがやりたいことがあるはずですので、それを曲げてでも行きたい大学なのでしょうか。とはいっても浪人はしたくないのも事実。しっかりと自分の将来のビジョンを持って進路を決定しましょう。

あわせて読みたい記事

センター試験後の大学受験勉強対策の仕方
この記事は、センター試験後の大学受験勉強の仕方についてまとめています。センター試験後は、一息ついてしまう受験生も少なくありませんが、ここから...
センター試験後の勉強法!国公立二次試験対策編
国公立大学入学希望者は、センター試験後に二次試験を受験することになります。大学や学部学科によってその内容はかなり異なりますが、入試の中で大き...
国公立大学2次試験で面接が必要な大学が急増中!
国公立大学の2次試験で面接が必要な大学や学部が急増中です。2020年から本格的に始まる大学入試改革に向けての動きの一環であることは想像できま...
センター試験後の注意点!「2段階選抜」足切りがある大学
センター試験後に気をつけたい留意点として、国公立大学を受験する場合、「2段階選抜」つまり「足切り」が実施される大学や学部があることがあげられ...