千葉商科大学2018年度入試から「総合評価型入試」導入

千葉県市川市にある私立大学「千葉商科大学」が、2018年度入試から学力試験に加え、高校での課外活動などの状況を総合的に評価する「総合評価型入試」をスタートさせます。

千葉商科大学「総合評価型入試」

2018年度から実施される「総合評価型入試」では、マーク式の学力試験に加え、高校が提出する調査書を専攻の基準に活用します。調査書のどこを見るのかというと、評定平均値はもちろんのこと、出欠状況や資格・検定等の取得状況、クラブ活動、生徒会活動、そしてボランティア活動等の課外活動状況の4つの項目を総合的に評価し合否を判断する入試制度です。

入試に占める配点は、学力試験が2教科選択の200点満点と、調査書などの書類審査40点満点の合計240点満点で合否を決定します。総合評価型入試には一般入試(前期)パターンとセンター利用入試(中期)パターンの2種類があり、どちらも学力試験と書類審査の配点は同じになります。

学力以外にも高校の課外活動で頑張ってきた学生に広く門戸を開放した形になっています。学力試験の配点に対し、書類審査の配点が低いのが気がかりですが、今後の私立入試のトレンドの先取りを行く形の入試形態で、今後他の私立大学の入試制度に大きな影響を与えそうです。

スポンサーリンク

総合型評価入試の目的

2018年度入試から導入される「総合評価型入試」の目的は、現行の学力試験だけでは計りきれない、学生の主体性や協働性などの意欲や、これまで培ってきた実績を多面的かつ総合的に評価することが目的です。また、文部科学省が提唱する「意欲・能力・適性等の多面的・総合的な評価」を実施することも目的の一つです。

今回の入試で、受験生が確認しておきたいのが、千葉商科大学のアドミッション・ポリシーです。今回の「総合評価型入試」でも、アドミッション・ポリシーに基づいて評価がなされるからです。

千葉商科大学のアドミッション・ポリシー

千葉商科大学では「実学教育」を通じて創設者・遠藤隆吉が唱える「治道家」を育成することを教育の理念としています。治道家とは、「大局的見地に立ち、時代の変化を捉え、社会の諸課題を解決する、高い倫理観を備えた指導者」を指すものです。

大学が求める学生像は以下の3つです。

  • 実社会における諸課題を発見し、解決するための専門教育と幅広い教養教育で知識・技能を学ぶ意欲を持つ学生
  • 実社会の多様な人々との連携とアクティブラーニングにより主体性・協働性・公平性を身につける意欲を持つ学生
  • これらの学びを通して思考力・判断力・表現力・倫理観を修得する意欲を持つ学生

入学者選抜の基本方針も以下の通り定められています。

  • 本学の学士課程の教育にふさわしい知識・技能(理解力、読解力、語学力、数理能力、社会的な基礎知識)を持っているかを選抜の要件とする。レベルとしては高校の授業に準拠した内容を問うものとする。幅広い範囲からの出題とし、高校までに学んだことが正しく理解できているかを評価する。
  • 本学の求める学生像を体現する可能性を主に面接を通じて測り選抜の要件とする。内容としては、複数の面接者による個別面接で本学での学び方に適した能力や適性を確認する。
  • 高校までの学習状況や特別活動の記録などを調査書等で確認し合否の判断材料の一つとする。評定平均値等は出願要件に含まれることもある。

参考千葉商科大学アドミッション・ポリシー
参考変わる大学入試制度。大学の3つのポリシーを理解しよう!

まとめ

文科省が提唱する大学入試の「高大接続改革実行プラン」に基づき、各大学が独自の入試制度を次々に策定してきています。これからは偏差値で受験大学を決定するのではなく、各大学や学部のアドミッション・ポリシーをしっかり確認し、自分の大学に行く目的と一致する大学を選ぶようにしたいものです。

これから、色々な入試制度ができてきそうです。現行のセンター試験に変わる「大学入学希望者学力評価テスト」も次第にその全貌が明らかになってきています。主体的に学習し、変わる大学入試制度に柔軟に対応できる力を養っておきましょう。
参考2021年1月実施!「大学入学希望者学力評価テスト」を徹底解剖

あわせて読みたい記事

2018年度大学入試の大きな変更点の一つに、九州大学の新学部の設立があります。その名も「共創学部」。これからの時代を背負うグローバルリーダーの養成を目指す学部になります。
新学部九州大学「共創学部」を徹底解剖!平成30年4月新設