高校生から経済学の勉強「高校生からの経済入門」中央大学経済学部出版

スポンサーリンク

高校生のときから経済学を身近に感じてほしいという狙いから、中央大学経済学部の若手教員が執筆した「高校生からの経済入門」が出版されました。

中央大学経済学部「高校生からの経済入門」

高校の授業に経済学という教科はありませんが、高校生のときから経済学を学ぶことは海外では当たり前のことです。今回、中央大学経済学部から出版された「高校生からの経済入門」は、高校生向けの経済学の入門書となっており、初学者でも非常に読みやすい内容に仕上がっています。

高校生たちが経済を身近に感じ、経済的なものの考え方を育み、現代社会の数ある問題を実際に感じてもらいたいというコンセプトのもと執筆されています。身近なお小遣いの例や、ニュースを取り上げ、興味を持って読めるようになっています。税込み972円で購入できるので、高校生にお勧めの書籍です。

スポンサーリンク

「高校生からの経済入門」の内容

  • どうして大学へ行くの? 大学進学のコスト・ベネフィット
  • それでもあなたは子どもをもちますか? 日本の少子化
  • 女子が「働く」って「ツラい」こと? 現代日本の労働環境
  • お金って何だろう? 貨幣と金融
  • えっ? 高校生って国の借金払ってるの? 財政赤字と民主主義
  • 経済ってどうやって測るの? GDPと物価
  • 食料は自給しなければならないの? 食料自給率と日本農業
  • そのスマホ、メイドイン何? 自由貿易の利益
  • 爆買いから見える日系企業の成功とは? 日中経済のかかわり
  • 課題山積みの日本が、途上国に協力する必要ってあるの? 途上国の貧困と環境問題

高校生からの経済入門 [ 中央大学経済学部 ]

価格:972円
(2017/8/8 10:59時点)

中央大学法学部「高校生からの法学入門」

中央大学は法学部からも高校生向けの法学入門書も出版しています。いじめやSNS、18歳選挙権、ブラックバイトなどの身近なテーマから、「法的な考え方」であるリーガルマインドをやさしく解説してくれる入門書です。

  • 何のために「法」はあるの?
  • 「遅刻したらトイレ掃除1週間」は効果的? 犯罪と刑罰
  • 「彼と付き合う」を分析する 契約の拘束力
  • 他人の悪口をいうことは自由なの? 表現の自由
  • おまえのものはおれのもの、おれのものもおれのもの 所有権の本質
  • 自分たちのことは自分たちで決める 選挙権と国民主権、議会制民主主義
  • いじめを軽くみるな! 刑法的思考の第一歩
  • なんでお母さんが株式会社の会議に出るの? 会社組織の法
  • 働きがいのある人間らしい仕事とは? 雇用社会と法
  • 山本君、ケガしたってよ 損害の賠償責任
  • 友だちとケンカ 紛争処理と法
  • 結局、「法」を学ぶことの意味って何?

高校生からの法学入門 [ 中央大学 ]

価格:972円
(2017/8/8 11:04時点)

スポンサーリンク
他に知りたいことを検索!

フォローする