【高校英語】動名詞

シェアする

【高校英語】動名詞をまとめています。動名詞は、不定詞、分詞とともに、他の品詞のはたらきを兼ね備えたかたちで、準動詞と呼ばれます。動詞的特徴の、「目的語や補語をとる」、「副詞によって修飾される」、「完了形や態がある」などの点で共通しています。動名詞のはたらきは、「名詞のはたらき」をするだけで単純です。それでは、【高校英語】動名詞をみていきましょう。
確認【高校英語】態(受動態と能動態)
品詞「単語の分類」品詞の見分け方を極める!

動名詞

  • 形…動詞の~ingの形
  • 意味…「~すること」

動詞的特徴の「目的語や補語をとりうる」、「副詞(句)で修飾されうる」ということがあります。

スポンサーリンク

文中でのはたらき

動名詞ではじまる語群は、名詞の働きをし、文中で主語・補語・目的語になるほか、前置詞の目的語にもなります。主語になる場合、仮の主語itを用いて、動名詞で始まる句をあとに回すこともできます。

<例文>

  • Meeting you here was nice.
  • It was nice meeting you here.

意味上の主語

動名詞は、「~すること」と行為を表すことから、意味上、その行為をする「だれ・何か」が存在します。この「だれ・何か」が意味上の主語を表します。

不特定の人々(だれでも)であるとき

Playing tennis is good for the health.(テニスをすることは健康によい)

この文の意味上の主語は、「 不特定の人々(だれでも)」となります。

そのほか、

  • 意味事情の主語が文全体の主語と一致するとき
  • 文意が明らかな場合

それらが意味上の主語となります。

動名詞と用いる重要表現

do=一般動詞の代表で使用

  • need doing ~する必要がある
  • on doing ~するとすぐに =as soon as
  • In doing ~するときに =when
  • It is no use doing ~してもむだだ
  • worth doing ~するだけの価値がある

その他の重要表現

  • cannot heip ~ing ~ないではいられない
  • feel like ~ing ~気がしない
  • prevented (人)from ~ing (人)が~するのを妨げる
  • There is no ~ing ~のことはわからない(できない)
  • How about ~ing ~しませんか/~してはどうですか =What do you say to ~ing
  • be used to ~ing ~するのに慣れている
  • make a point of ~ing ~することにしている
  • on the point of ~ing まさに~しようとする
  • without ~ing ~なしに
スポンサーリンク

シェアする

スポンサーリンク