【高校英語】不定詞

シェアする

【高校英語】不定詞についてまとめています。不定詞は、「to+動詞の原形」の形のことをいい。to-不定詞という言われ方もします。中学生のときにも習いました。「to make a cake(+目的語)」、「to look happy(+補語)」、「to begin at once(+副詞句)」のように、目的語・補語をとる、副詞句で修飾されます。高校ではさらに、完了形や態があるといった「動詞的特徴」を持つ点では、「動名詞」と共通します。

しかし、名詞のはたらきだけをする動名詞とちがい、不定詞は名詞、形容詞、副詞など多くのはたらきをもちます。不定詞がどのようなはたらきをするかは、文中での位置やともに用いられている語の種類によって決まることが多い。ここに注目することが不定詞をマスターするポイントとなります。
確認中学英語の「不定詞」の総まとめ

不定詞の基本3用法

スポンサーリンク

名詞的用法

  • To play baseball is fun.(野球をすることは楽しい)
    =Playing is fun.
  • My dream is to be a singer.(私の夢は歌手になることです。)

名詞的用法の不定詞は、文のはじめにきて主語になったり、be動詞のあとにきて、補語になったりできます。「動詞の~ingの形」で名詞と同じ働きをするものを動名詞といいます。

副詞的用法

  • I went to the station to see Kumi.(私はくみに会うためにその駅に行きました。)

副詞的用法は、「~するために」「~して」という意味で、副詞と同じ働きをします。glad,sorry,happy,sad,surprisedは、感情を表す形容詞で、不定詞と用いられることが多いです。

覚えておきたい例文(その他の副詞的表現)

熟語的に覚えてもいいでしょう。

  • I tried only to fail.(やってみたが、失敗だけだった。)
  • The couple parted , never to meet again.(その2人は分かれたまま2度と会うことがなかった。)
  • The audience appeared to be bored.(観客は退屈しているようだった。)= seem to do
  • We chanced to ride on the same bus.(私たちは、たまたま(偶然)同じバスに乗り合わせた。)
  • His report proved to be false.(彼の報告は偽りだと判明した。)= turned out to be

形容詞的用法

  • I want something to drink.(私は何か飲み物がほしいです。)

形容詞的用法は、「~するための」「~するべき」という意味で形容詞と同じ働きをします。名詞を修飾します。

原形不定詞

ここで見る動詞は、目的語のあとにto doでなく動詞の原形をとります。これを原形不定詞とよびます。目的語と原形不定詞の間には、意味のうえで(主語+動詞)の関係があります。

  • I let my sister use my new computer.(私は妹に新しいコンピュータを使わせてやった。)
    =My sister was allowed to use my new computer.

のように

  • let (相手のしたいように)させてやる
  • make(強制的に)させる
  • have(命令して)~させる

の3つを覚えておきましょう。

意味上の主語

It is difficult to play tennis.(テニスをすることは難しいです。)
「~することは、~です」というきに使います。toのあとは原形です。Itは、形式だけの主語で、to以下を指します。

人の性質について評価を与える意味の形容詞に続く不定詞の意味上の主語は、「for~」でなく「of~」となります。

  • It is kind of you to say so. (そういってくれて親切だね。)
    =You are kind to say so.

不定詞の重要表現

  • I’m so busy that I can’t travel.(私は、とても忙しいので旅行に行くことができません。)
  • I am so rich that I can a new car.(私は、とてもお金持ちなので、新しい車を買うことができます。)
  • I’m too busy to travel.(私は、とても忙しいので旅行に行くことができません。)=
  • I’m so busy that I can’t travel.
  • I am rich enough to buy a new car.=I am so rich that I can a new car.(私は、とてもお金持ちなので、新しい車を買うことができます。)

独立不定詞

⇒文全体を修飾する慣用句です。

  • to tell the truth, 「本当のことを言うと」
  • to begin with 「まず始めに」
  • to be sure 「確かに」
  • to be frank with you 「率直に言えば」
  • strange to say 「奇妙なことに」
  • so to speak 「いわゆる」
  • to make matters worse 「さらに悪いことに」
  • to say nothing of, not to speak of, not to mention, needless to say,「いうまでもなく」
スポンサーリンク

シェアする

スポンサーリンク