【高校英語】疑問詞のまとめ

シェアする

【高校英語】疑問詞についてまとめています。疑問詞になる語は、関係詞とほぼ同じです。意味の上でも、whoは人、whereは場所について用います。このように疑問詞と関係詞は共通点が多いです。つまり、関係詞を近いする上でも、疑問詞を理解しておくことは欠かせないので、しっかり学習していきましょう。それでは、【高校英語】疑問詞のまとめです。

疑問代名詞

疑問代名詞には、who(whose,whom)、what、whichなどがあります。これらの中には、名詞を修飾する疑問形容詞の用法をもつものもあります。

  • Who lives next door?(隣にはだれが住んでいるのですか?)
  • Whose shoes are these?(これは誰のくるですか?)
  • What keeps the earth warm?(何が地球を暖かくしているのですか?)
  • Which is yours, this or that?(これとあれのどちらが君のですか?)
スポンサーリンク

疑問代名詞と前置詞

前置詞の後にある名詞(前置詞の目的語)についてたずねる疑問文の作り方は、2通りあります。

  • Who(m) did he fall in love with?
  • With whom did fall in love with?

前置詞に直接続くときは、必ずwhomを使います。

疑問副詞

疑問副詞は、文中で副詞の働きをします。疑問副詞には、where、when、why、howの4つがあります。

  • Where are we ?(ここはどこですか?)
  • When did America become independent of England?(アメリカはいつイギリスから独立しました?)
  • Why did you let him go?(なぜ彼を行かせてしまったのですか?)
  • How do you go to school?(どうやって通学していますか?)

間接疑問

疑問詞のある疑問文が名詞節として他の文の一部となっているものを間接疑問といいます。

疑問詞が節中で主語になる場合

I can’t tell who will arrive first.(だれが一番に着くか私にはわかりません。)

疑問詞が節中で主語以外になる場合

Do you know why they stopped talking?(彼らがなぜ話をやめたか知っていますか?)

以上が、【高校英語】疑問詞のまとめとなります。

あわせて確認

スポンサーリンク

シェアする

スポンサーリンク