【高校英語】話法のまとめ

シェアする

高校英文法、話法についてまとめています。話法には、直接話法と間接話法の2種類があります。この2種類をしっかり区別しながら学習していきましょう。それでは、【高校英語】話法のまとめです。

話法の転換の基本型

話法には、直接話法と間接話法の2種類あるわけですが、これらがどのようなものかを。「直接話法→間接話法」の書き換え方とともにみていきます。

  • 直接話法…”   ”を使って人の言葉(伝達内容)をそのまま伝えるもの。
  • 間接話法…thatなどのつなぎの語を使って、伝達内容を「話し手」の立場から間接的に言い換えたものです。
スポンサーリンク

基本パターン

(1)「メアリーは頭の良い子だ」とケンは言う。

  • 【直接話法】Ken says,”Mari is a bright girl.
  • 【間接話法】Ken says(that)Mary is a bright girl.

(2)「メアリーは頭の良い子だ」とケンは私に言う。

  • 【直接話法】Ken says to me,”Mari is a bright girl.”
  • 【間接話法】Ken tells me(that)Mary is a bright girl.

人格代名詞の変化

(3)「彼は両親を愛している」と彼はいう。

  • 【直接話法】He says,”I love my parents.”
  • 【間接話法】He says(that)he loves his parents.

(4)「僕は君を愛している」と彼は彼女に言う。

  • 【直接話法】He says to her,”I love you.”
  • 【間接話法】He tells her(that)he loves her.

時制の一致

(5)「私は空腹でない」と彼女は言った。

  • 【直接話法】She said,”I am not hungry.”
  • 【間接話法】She said that she was not hungry.

伝達動詞が過去形であれば、伝達内容の時制をそれに一致した形にします。
確認【高校英語】時制の一致

場所・時などを表す語句の変化

(6)「今この仕事はできない」と彼は私に言った。

  • 【直接話法】She said to me,”I can’t so this work now.”
  • 【間接話法】He told me that he couldn’t do that work then.

<直接話法から間接話法で変化する代表的な語句>

  • this→that
  • these→those
  • here→there
  • now→then
  • today→that today
  • tomorrow→next day the following day
  • yesterday→the day before
  • ~ago→~before

さまざまな話法転換

  • 疑問詞のある疑問文の場合:say to A ,”疑問詞のある疑問文?”→ask A 疑問詞 S+V.
  • 疑問詞のない疑問文の場合:say to A ,”疑問詞のない疑問文?”→ask A if(whether) S+V.
  • 伝達内容が命令文の場合:say to A ,”命令文”→tellなどA to do.
スポンサーリンク

シェアする

スポンサーリンク