大学受験倫理「ニーチェ」実存主義など簡単に理解できる本

シェアする

センター試験などの大学受験で倫理を選択している生徒は結構多いのではないでしょうか。色んな思想家が様々な哲学を唱えています。そんな哲学者の中でも特に有名なのがニーチェです。ニーチェの哲学「実存主義」についてわかりやすく説明している本があったので紹介します。

ニーチェとは

「ニーチェ」誰しもが耳にしたことがある超有名な哲学者です。ドイツの哲学者で、1844年~1900年にかけて、主に実存主義について多くの書物を発表しています。「紙は死んだ」「永劫回帰」「超人」といった概念は有名ではないでしょうか。

これまでの価値や道徳の基準だったキリスト教を批判し、「神は死んだ」という有名な言葉も残しています。価値や道徳の基準が崩れ去り、無意味・無目的に繰り返す永劫回帰の世界の中で、人々は末人になってしまいます。しかし、その後真実の自己のあり方・生き方を探究し、力への意思を発揮し新しい価値をつくり出す超人を目指すべきだと唱え、新しい哲学をつくりあげました。

その反キリスト教的・反道徳的態度は、哲学者として当時はかなり異端な存在だったようです。しかし、ニーチェはキリスト教や道徳を批判することが目的ではありません。たとえ自分の生と世界そのものが苦悩に満ちていたとしても、「どうすればそれらをよく肯定することができるか」という問いに答えるためでした。

スポンサーリンク

ニーチェのキーワード

次の内容はニーチェの哲学のキーワードです。意味をしっかりと覚えておきましょう。

  • 実存主義…内的な改革によって人間が本来的自己に立ち返るべきである
  • 背後世界…見たり触れたりすることのできない本質的なものが存在する世界。ありもしない架空の価値観
  • ニヒリズム(虚無主義)…人間の存在には意義、目的、理解できるような真理、本質的な価値などがないと主張する哲学的な立場
  • 末人…何の目標も夢もなく、ひたすら時間をつぶすだけの人生を送る人間
  • 神は死んだ…人間に生きる意味を与えるような絶対的な価値観はいつか壊れる
  • ルサンチマン(嫉妬)…弱者が強者に対して持つ嫉妬心・恨み
  • 奴隷道徳…嫌な目にあっても怒らずに受け入れることを美徳とするような道徳観
  • 永劫回帰…永久に同じことを繰り返し続ける世界
  • 超人…今この瞬間を力強く肯定して生きようという強い意志を持った人間
  • 力への意志…より優れたものを目指したいという強い意志
  • 大いなる正午…世界から価値観がすべてなくなった状態
  • 芸術…自分にとってよいものを目指し、それを表現する行為

ニーチェの代表的な著書

『ツァラトゥストラはこう語った』などが一番メジャーではないでしょうか。

  • 『悲劇の誕生』
  • 『人間的、あまりに人間的』
  • 『曙光』
  • 『ツァラトゥストラはこう語った』
  • 『道徳の系譜』
  • 『この人を見よ』
  • 『権力への意志』

1時間でニーチェをマスター

おすすめなのが、『飲茶の「最強!」ニーチェ』です。

ニーチェ

大学受験や倫理の授業で必ず役立つ本です。中高生にもわかりやすい語り口で書かれており、例をふんだんに使いながらわかるまで解説してくれます。しかも非常に読みやすく、1時間ほどで読めてしまう代物です。

これを読めば、「哲学って何?」「実存主義って何?」「結局何が言いたかったの?」というもやもやがすっきりと晴れます。

また、今後生きていく参考にもなります。是非一度ご覧ください。

Amazonで購入


飲茶の「最強! 」のニーチェ

スポンサーリンク

シェアする

スポンサーリンク