福岡大学受験対策・情報まとめ

福岡大学受験対策・情報についてまとめています。福岡大学の合格への最大ポイントは、どう英語を対策するかにもよるでしょう。福岡大学は、九州一のマンモス大学であり、多くの受験生の受け皿になっている大学です。受け皿というのは、国公立大学を受験する人への併願校として、難関私立大学を受験する人にとっての合格安全校として、、学力ない子が一応挑戦しておく大学として、とりあえず受けておいて損はないよね!という人感じで受験する人が多いのではないでしょうか。

大学側にとっても、受験料で多く稼ぐことができますし、学生にとっても、受験方式も多く、便利な大学ということでWin-WInの関係性を結べているというポジションを形成しています。

そんな福岡大学の対策と情報です。

福岡大学

福岡大学(Fukuoka University)は、福岡市城南区七隈にある私立大学です。1949年に設置され、 建学の精神は「思想堅実」「穏健中正」「質実剛健」「積極進取」でスクールカラーはえんじです。9学部31学科、2万人以上の学生を有する西日本最大級の規模を持つ総合大学であり、人文学部(文化学科、歴史学科、日本語日本文学科、英語学科、ドイツ語学科、フランス語学科、東アジア地域言語学科、教育・臨床心理学科)、法学部(法律学科、経営法学科)、経済学部(経済学科、産業経済学科)、商学部(商学科、経営学科、貿易学科、商学部第二部
商学科)、理学部(応用数学科-応用数学コース、社会数理・情報インスティチュート-、物理科学科、化学科、地球圏科学科)、工学部(機械工学科、建築学科、化学システム工学科、電子情報工学科、電気工学科、社会デザイン工学科)、医学部(医学科、看護学科)、薬学部(薬学科6年制)、スポーツ科学部(スポーツ科学科、健康運動科学科)があります。

約2万人の学生、大学院生の多くは地元福岡県を中心とした九州・沖縄地方出身者が多数を占め、山口、広島、島根、鳥取、岡山、愛媛など中国・四国地方出身者も多いです。

スポンサーリンク

福岡大学への対策

一般入試とAO・推薦入試で異なりますので、それぞれ対策を記述します。

一般入試

ポイント
  • 過去問と解き傾向をつかむ
  • 英単語の語彙力をつける
  • 数学の教科書レベルは完璧にする
  • 社会・理科は早めに科目を絞り込み学習
  • 1つの問題集をやりこむ
  • 模試を何回もやり直す

以上を徹底することで、ほぼ合格は確定でしょう。「凡事徹底」これこそが、福岡大学合格への近道です。福岡大学は、あなたがどこの高校に通っているかは、さほど関係ありません。上記に挙げたことを、自らちゃんとやるだけで、合格は勝ち取ることができます。

参考福岡大学入試「英語」の出題傾向と対策

AO・推薦

ポイント
  • 人とは違う活動・実績を得る
  • 自分の言葉で表現する力を養う
  • 本を読む
  • 社会の出来事を「自分事化」する

以上のことにポイントを置いて、自己研鑽を続けることで、合格はつかみ取ることは可能でしょう。人と違うこととは、なにもすごいことや、変なことをするということでなく。当たり前のことを続けるということが最も大事です。たとえば、「釣りが好きだから、毎日釣りをしていまして、日記をつけていました。」などでもいいのです。

そういう人がやらないことをやって、しっかり自分の言葉で表現できれば、合格はグッと近くなります。それとあわせて、教養を身につけたり、時流を知るために本を読んだり、自分事化できると再考です。

自分の言葉で表現できる訓練などは、実際に定期的に指導してもらうが最適でしょう。

参考福岡のAO・推薦対策専門塾「STUDY LAB FUKUOKA」

コメント

  1. […] 福岡大学受験対策・情報まとめ […]