【学部研究】商学部で学べること(資格)・就職先

シェアする

大学の【学部研究】の商学部編です。商学部で何がいったい学べるのか、まとめてみました。

商学部の歴史

商学の歴史は1904年という説(経営学部は1949年が国内初)があるくらいの他の学部と比べ古い学部の1つとして位置づけられます。商学とは、企業が商品/サービスを「売る」という商い(あきない)に関する、実践的な学問といえます。

スポンサーリンク

経営学部との違い

商学部と経営学部の違いは、

  • 経営学部は、企業(組織)運営に求められる視点(ヒト・モノ・カネ)を網羅的に学ぶ。(全体型で、会社組織より)
  • 商学部は、ヒト・モノ・カネの特定の領域に焦点を当てて深く学ぶ。(特化型で、ビジネスより)

たとえば、

  • ヒトの動きに焦点を当てると「行動経済」
  • モノの動きに焦点を当てると「マーケティング」
  • カネの動きに焦点を当てると「会計/ファイナンス」

という3つの側面から、商学を専門的に学ぶことになります。

商学部の専門用語

マーケティング

マーケティングとは、「売れる仕組み(=消費者が欲しいと思うものを市場に送り出す仕組み)づくり」が重要視されます。「良いモノを作っても売れない」もしくは「伝わらないモノは存在していないのと同じ」という観点に立って、どう売る仕組みを構築していくかを万でいくことになりまます。このようにマーケティングは、消費者との関わりが強いがゆえに「お客さんが存在するところにマーケティングあり」ということが言えるわけで、ビジネスでは必須の問題といえます。

  • 会社の顧客は誰なのか
  • 顧客のニーズをどのようにして探り出せばよいのか
  • 顧客にとって価値のある商品・サービスをどのように開発すればよいのか
  • 商品の価格はいくらに設定すればよいのか。
  • 自社の商品・サービスの魅力を広告でどのように伝えていけばよいのか
  • インターネットの仕組みをマーケティングにどのように活用すれば良いのか

このようなことを、大学では、深く学んでいくんですね。

ファイナンス

ファイナンスは、決算書を読むことからはじまります。決算書とは経営者にとっての成績表(あるいは患者の健康状態を捉えるカルテ)のようなもので、決算書が読めるとその会社の活動状況や実態が見えます。そこから、このお金の流れをつかむことが「ファイナンス」です。

  • 会社は売上高に応じた利益をあげているのか
  • 高収益会社の利益の源泉はどこにあるのか
  • この会社の巨額の赤字の原因は何なのか
  • キャッシュ・フローは潤沢なのか
  • この資産への投資は将来的にどれだけの利益を生み出すのか
  • どのように資金を調達すればよいのか

このようなことを、大学では、深く学んでいくんですね。

商学部の就職先

主な就職先としては、

  • 流通業
  • サービス業
  • 製造業
  • 金融業
  • 公認会計士
  • 税理士

など多岐に渡るのが特徴です。実践的かつ専門的な教育や、ケース・メソッド講義を実践的に学ぶことで、会計・税務のスペシャリストとして活躍する人材になるのも1つの手段となります。

商学部で取得できる資格

商学部で取得できる資格や関係の深い資格として、

  • 税理士
  • 会計士
  • 販売士
  • ファイナンシャルプランナー
  • 日商簿記

が挙げられます。

その他の学部について知る

スポンサーリンク

シェアする

スポンサーリンク