大学入試グループ討論で重要なこと「協調性と対話」

大学入試でグループ討論(グループディスカッション)を取りいれている入試形態も見られます。推薦入試やAO入試でよく見られますが、グループ討論では何が求められるのでしょうか。今日はグループ討論の基礎知識をご紹介します。

グループ討論(グループディスカッション)とは?

グループ討論を行ったことはありますか。グループ討論はディベートと違い、勝ち負けを決めるのではなく、ある事柄やテーマについて様々な視点から議論するという多方面的な性格を帯びています。

相手を納得させるような強い主張を通すのではなく、あたえられた議題から参加者共通の課題を見いだし、それについて自由に議論を交わします。そして様々な視点から出てきたアイデアについて合意を形成していくことが重要です。

自由と言っても、参加者が各々好き勝手に自分の意見を主張すればいいというものでもありません。より良い方向に向かって参加者全員でゴールに向かって行かなくてはなりません。

スポンサーリンク

グループ討論で何を見られるのか?

では、グループ討論で試験監督は何を見ているのでしょうか。みんなをあっと驚かせるような意見やアイデアを出せる生徒を選抜しているのかというとそうではありません。グループ討論(グループディスカッション)で一番重要視されているのは「協調性」です。

グループ内でしっかりと役割分担を担い、その場に応じて自分の役割を変えることが重要です。会がスムーズに、そしてみんなが発言できるような環境をつくりだすことが重要になります。

もう一つは、一般常識的な基礎知識です。もちろん社会問題や、時事的な内容についても討論になることがありますので、社会問題などの基礎的な知識があるのかどうか、物事に対する視点があるのかどうかなども見られています。

対話の重要性

グループ討論では、なかなか意見が出ずに討論が深まらなかったり、有意義な討論が出来ずになかなか議題を深めることが出来なかったりする場合もあります。

そのときに重要になってくるのは、「対話」をしっかりと行うことです。出てきた意見に対して、「なぜそう思うのか」相手と対話するという姿勢が重要になってきます。

相手の意見に興味をもって、相槌を入れながら、相手が発言しやすい環境をつくり出すことも重要です。まずは「対話」をしっかりと行うこと。これがグループディスカッションには重要なのです。

まずは練習してみる

グループ討論のやり方はわかったとして、どうすれば対策できるのでしょうか。答えは簡単で、まずは友達や、学校の先生、塾などの先生、家族でも構いません。今ニュースで話題になっているような事柄についてグループ討論してみることが大切です。

はっきりって、心の持ちよう云々ではなく、グループ討論になれるかどうかが大切なのです。

まとめ

グループ討論と言っても、しっかりとルールがあります。むやみやたらに自分の意見を主張してもグループ討論は成立しません。色んな人とディスカッションし、その空気や合意の形成過程を目の当たりにすることが重要です。

学校内にとどまらず、いたるところでディスカッションのイベントなどが開催されています。思い切って学校の外に出て、様々な年代の方と話す機会に触れることをお勧めします。

STUDY LAB FUKUOKA

このたび、福岡天神に、AO・推薦対策専門塾STUDY LAB FUKUOKAが誕生しました。専任プロ講師と地元最高学府九州大学をAO・推薦入試で合格した講師からなるAO・推薦対策専門です。
詳細STUDY LAB FUKUOKA

効率よく低コストで勉強するなら

独学で勉強するなら上記の問題集で学習を進めていくことになりますが、もっと効率的に勉強したい方や、どうしても問題集ではポイントがつかめないといった方にはスタディサプリがお勧めです。

何といっても月額980円という、圧倒的な低コストで、優良な講師による授業を閲覧できる点が素晴らしいです。はっきり言って高額な月謝を払いながら塾や予備校に行くのが馬鹿らしく思えるよな内容です。高校生に限らず、教科指導する講師なども参考にしているのがスタディサプリです。

教科の勉強以外のコンテンツも充実しており、一人で勉強を進める生徒のモチベーション維持にも役立ちます。無料の体験期間もありますので、まずは気軽に登録してみてはいかがでしょうか。
受験生の2人に1人が利用する圧倒的なわかりやすさ!まずは無料でお試し。


あわせて読みたい記事

おすすめの参考書や勉強法を紹介しています。是非参考にしてみてい下さい。

センター試験対策情報

おすすめの勉強法や参考書