【大学受験・日本史】鳩山一郎内閣の政策などのまとめ

鳩山一郎内閣の政策などのまとめです。さまざまな内閣で大臣を経験した後に、総理大臣とあんります。ソ連との国交回復など実績を残しました。それでは、【大学受験・日本史】鳩山一郎内閣の政策などのまとめをみてきましょう。

鳩山一郎内閣

スポンサーリンク

京大(滝川)事件

京都帝国大学法学部の滝川幸辰(たきかわゆきとき)教授を、その著「刑法読本」や講演内容が赤化思想であるとして罷免した事件。同学部教授団や学生らが抗議運動を起こしたが、当局の弾圧で崩壊した。

保守合同

自由党と日本民主党が合同して自由民主党という単一保守政党を結成したことをいう。左右社会党の統一がきっかけとなって実現し、以後の自民党による長期政権を生んだ。

日ソ共同宣言

昭和31年に調印された日本とソ連との間の共同宣言。第二次大戦における両国間の戦争状態の終結、国交の回復、平和条約締結後に歯舞(はぼまい)群島・色丹(しこたん)島を日本側に引き渡すことなどを規定。

あわせて確認