小論文対策頻出テーマ「非正規雇用問題」の合格者の例

スポンサーリンク

論文テーマとして、よく取り上げられる「非正規雇用問題」についての合格者の例をとりながら、考察していきましょう。一般論になりがちすが、その中で、独自性を見出し、論理的に述べていく必要があります。それでは、小論文対策頻出テーマ「非正規雇用問題」の合格者の例をみていきましょう。

非正規雇用問題

<課題>非正規雇用者が増加すると、どのような社会的影響が生まれるか。あなたの考えを述べよ。

<ある人の解答>
非正規雇用者の増加は、日本に短期的かつ長期的な影響をもたらすと考える。まず、短期的な悪影響とは、経済の停滞だ。非正規雇用者は正規雇用者と比べて賃金が低く、社会保障も十分でない。その上、いつ契約破棄されるかわからないという状況にある。そのため、非正規雇用者が給料を貯蓄する傾向にあり、消費活動が鈍ってしまう。そのような人が増えれば、消費関連企業、ひいてはそれらに依存する企業の低迷にもつながると私は思う。これは結果的に日本の産業全体の停滞を引き起こすだろう。

次に長期的な悪影響とは、少子化だ。非正規雇用者は、賃金や社会保障の面で非正規雇用者よりも待遇が悪い。非正規雇用者の増加は、日本における低所得者の増加であると言っても過言でないだろう。また先述したように、非正規雇用者の増加は経済の停滞にもつながる。このような状況下で、費用のかかる結婚や子育てをあきらめる人が増加すると私は考える。

非正規雇用者の増加は、日本の経済にも少子化問題にも悪影響をもたらす、早急に解決すべき問題の一つだ。しかし、私は非正規雇用者の高賃金化を推進したところで根本的な解決ならないと思う。なぜなら、賃金が上がっても社会保障問題やいつ契約破棄されるか分からない恐怖から解放されないからだ。そのため私は、各企業の非正規雇用者の数の上限を厳しく定めるべきだと考える。

スポンサーリンク

添削・講評

日本の経済にも少子化問題にも悪影響をもたらす、早急に解決すべき問題の一つだ。

日本の経済にも少子化問題にも悪影響をもたらし、喫緊の課題といえる。 ※喫緊=さしせまって大切なこと。

概ね流れとしては、よいが、最後の結論、解決策の論が弱い。なぜ非正規雇用者が増えたのかという背景について考察していれば、違った解決策や対策を見い出せたであろう。しかしながら、大学が要求するレベルまでには到達している論文といえる。

<背景>
バブル崩壊後、さらにはリーマンショック後、正社員をリストラして、低賃金のパートや派遣社員に置き換えたからと、好きな時間だけ働くことを希望する人が増えたこともある。労働者に支払う賃金を抑えることで、価格競争力を増すことができる。

<対策>
技術革新によって、そもそも人手がいらない職種も増えつつある現在です。そこで、新たな産業を生み出し、正規雇用など条件を整え、労働の流動性を高める。

<考えられる革新的な対策>
ベーシックインカム:全世帯に毎月一定の金額を給付してはどうかという語論がある。1人あたり、5万円を支給するなど。つまり、子どもが多い家庭ほど、支給される合計額も多くなり、子どもを産む世帯も多くなるのではという推察も。また、テレワークなど在宅勤務の働き方も増えつつある。
正規・非正規雇用の撤廃:フリーエ―ジェントの社会の構築。プロスポーツ選手のように、国民ひとりが、プロとなり、企業と契約する社会。

スポンサーリンク
他に知りたいことを検索!

フォローする