立命館大学入試「国語」の出題傾向と対策と勉強の仕方

スポンサーリンク

立命館大学の入試「国語」の出題傾向と対策と勉強の仕方です。関関同立と言われるだけであって、しっかり勉強していないと国語といえど、点数がとれない問題のレベル・構成となっています。それでは、詳しく見ていきましょう。立命館大学入試「国語」の出題傾向と対策と勉強の仕方です。

立命館大学「国語」の出題傾向

  • 現代文2題(文学部は、1題は漢文を選択することが可能)
  • 古文1題

現代文は、漢字の読み書き、短めの記述、空欄補充などオ-ドソックス。読解問題以外も出るので、総合力が試されます。古文は、1題されます。読解問題、知識問題では、文法の識別、文学史についても出題されます。和歌、短歌までしっかり学習しておく必要があります。漢文は、文学部が、現代文と選択して選ぶことができるわけですが、

スポンサーリンク

現代文

様々ジャンルの文章を読んでおく必要があります。読解問題については、選択式の問題ですが、なかなか消去法だけでは立ち行かないので、紛らわしいところは、しっかり熟読して解かないと正解が導けないでしょう。センターや立命館の過去問に限らず、本文一致に類した選択問題が苦手な人は、問題集を1冊何度も繰り返して習得しておくことをおすすめします。

また、漢字の学習では、読み書きでだけでなく、故事成語、四字熟語など全体的な知識を底上げしておく必要があります。

古文

読解問題を中心に学習しながら、その中で、文法問題で間違った問題は、その単元に戻って、復習しておく必要があります。ですので、文法問題を新たにテキストを一冊購入するよりは、過去問などの演習を中心とし、そこでわからないところはその単元に戻って復習のスタイルでいいしょう。

読解問題のレベルは、若干難易度が高い(関関同立の中では一番難しい)と思われるので、古文常識をはじめ、その時代の背景まで知っておくと、俄然、読みやすくなると思うので、日本史を選択している人は、若干有利になるでしょうか。

漢文

標準的なテキストを1冊こなしておけば大丈夫と言えるでしょう。たとえ、間違った問題も、答えを見て、なぜその答えなのかと解説を読んで理解できていればいいでしょう。それを積み重ねていくことで、漢文は、合格レベルまでもっていくことができます。

その他の大学の「国語」の傾向と対策

スポンサーリンク
他に知りたいことを検索!

フォローする