【大学受験・日本史】自由民権運動の前後の流れ

自由民権運動の流れについてまとめています。激動日本の始まりというべき「自由民権運動」。入試でも出題頻度が高いところですので、前後の流れをしっかりつかみながら整理していきましょう。

自由民権運動

女性の参加もあったのも特徴的です。

スポンサーリンク

1874年:民選議員設立の建白書

征韓論争で敗れ、下野した元参議ら提出。その後、板垣退助が土佐で立志社を結成。これを機に、愛国社なども設立されるなど、自由民権運動が全国に拡大していきます。一方で政府は立憲政体樹立の詔を出し、立憲政治への移行を図りました。

自由民権運動の全国組織が「国会期成同盟」です。自由民権運動に対して、政府は、保安条例を出して、民権運動家らを東京から追放しました。三大事件運動では、地租軽減、言論集会の自由、外交失策の回復などの主張が展開されました。

1881年:明治十四年の政変

大隈重信は政府から追放されます。自由党は、立志社や愛国社の流れをくむグループを中心に結成され、フランス流の政治を目指し、板垣退助を党首としました。

1884年:秩父事件

松方財政下で、困民党に結集した農民たちが起こしました。秩父事件の前後には、加波山事件、飯田事件など、自由党員を主力とする一連の激化事件が起こっています。秩父事件などの事件により、自由民権運動の急進化と政府の懐柔政策によって、自由党内に分裂がおこり、自由党は解散した。

このころ、河野広中など自由党員を弾圧した福島事件も起こっています。

あわせて確認