慶應義塾大学文系合格のための戦略的逆転の勉強法

シェアする

慶應義塾大学合格のための戦略的な勉強方法について記述してます。どの学部でも共通してしているが、英語、小論文。それから数学を勉強しておくと、学部併願しやすいので、どうしても慶應義塾大学がいいという人は、文系学部でも数学を勉強しておくことをおすすめします。また、地歴公民は、商学部を除く学部では、日本史や世界史のいずれかの選択なので、慶應義塾大学は第1志望の人は、政治経済、倫理の選択なくなるでしょう。

慶應義塾大学文系合格のための戦略的逆転の勉強法

まず、勉強時間の教科配分について見ていきましょう。
慶應義塾

以上のような配分が戦略的に望ましいと思われます。

スポンサーリンク

英語

慶應の英語は最難関の難しさを誇ります。ほぼ、国語といって過言でありません。文法、構文はもちろんですが、相当の読解力を要します。他の教科では差がつきにくく、英語で合否が決まると思って勉強しましょう。

まずは、速読シリーズを完璧に仕上げることが先決であり、慶應合格のための近道と言えるでしょう。
参考おすすめの英単語教材「速読英単語」シリーズの使い方を伝授!

小論文

次に、小論文です。小論文は、対策をしている人としていない人では雲泥の差が開きます。慶應の小論文は、志望学部だけでなく、幅広い分野の考察を必要とされる課題が課せられるときもあります。普段から、さまざまな題材をネタに、練習をし、添削をしてもらうことが大事です。課題の文章レベルも非常に高いので慣れおく必要があります。

以下の力が求められます。

  • 読解力
  • 構成力
  • 展開力
  • 時間内に書く力
  • 表現力
  • 独創力
  • 着想力
  • 想像力

などです。

数学・歴史

まずは、なんといっても教科書の完全理解です。歴史は、暗記です。教科書を完璧に仕上げれば、他の受験生と差が開かない程度にはなります。得意な人は、さらに難しい問題などに数多くわたって、実欲を養う必要がありますが、多くの受験生は、ここまで力は要求されません。

夏休みまでに、教科書を仕上げ、秋以降、慶應の過去問、センターの過去問をどんどん解きましょう。

あわせて確認

<慶應の小論文対策>

スポンサーリンク

シェアする

スポンサーリンク