関西学院大学入試「数学(文系・理系)」の出題傾向と対策・勉強の仕方

スポンサーリンク

関西学院大学入試「数学(文系・理系)」の出題傾向と対策・勉強の仕方です。

関西学院大学入試「数学(文系・理系)」の出題傾向

スポンサーリンク

文系

穴埋め式2題、記述1題の大問3題。小問集合で得点を取ることが大事。「微分・積分」は毎年出題され、また幅広く範囲苦手分野を作らないということは、関関同立レベルでは当然ことでしょう。重点的学習単元は、「微分・積分」以外に、2次関数・三角比・確率・場合の数・ベクトル・数列・三角関数です。

理系

試験時間90分、大問4題という構成。標準的な問題レベルの出題が並んでいます。時間を気にしながら、普段から意識して学習していくことが必要でしょう。重点的学習単元は「ベクトル」と「数列・数列の極限」・「微分積分(数Ⅲ)」となるでしょう。その他の単元では、確実に点数を積み重ねることがポイントとなります。

関西学院大学入試「数学(文系・理系)」の対策

  • 計算問題
  • 微分・積分
  • 数列・数列の極限

計算問題の対策

関西学院大学の数学は、標準的な問題が多いもののそれでも、計算力が試されます。関西学院大学で試される計算力は、「計算の解法パターン」と「スピード」です。解法パターンを増やしながら、そのスピードを上げていくことが大事でしょう。また、問題が合っていた場合も、解説を読み、よりよい計算の仕方があった場合は、そのやり方で再度解いてみて、自分のものにしていくことが大事となりいます。

微分・積分の対策

関西学院大学の数学の「微分・積分」については、その単元に特化したテキストを標準的なもので構わないので1冊を何度とも繰り返して習得することが欠かせません。ある程度の計算力が要求される部分です。とくに定積分の計算は煩雑なものが多いのでしっかりと答えまで合わせられる練習が必要となります。

数列・数列の極限の対策

漸化式だけでなく数列の和と一般項の関係・群数列などさまざまなものが出題されています。そのため対策には時間がかかってしまうかもしれませんが数列の解法のパターンは、使いこなせるようにしておきましょう。

その他の大学の数学対策

スポンサーリンク

フォローする

スポンサーリンク