近畿大学入試「英語」の出題傾向と対策と勉強の仕方

シェアする

近畿大学における「英語」の出題傾向と対策と勉強の仕方についてまとめています。

近畿大学入試「英語」の出題傾向

毎年の出題傾向として、解答時間は、60分。大問は7題というのが柱となっています。中身は、会話文、長文が出題されますが、約半数以上が文法事項が問われる問題となっています。長文においては、語数も、他の近隣地率大学と比べても、さほど多くないので、時間的にも文法問題に時間のウエイトを割くことができると思います。

近畿大学入試「英語」の対策

  • 会話文対策
  • 文法対策

出題の難易度ですが、基礎から標準レベルなので、各高校で購入した文法テキストをしっかりやりこなし、間違ったところは参考書に追加でその間違った原因やポイントなどを書きこむして、参考書をオリジナルのものしていけばいいでしょう。

スポンサーリンク

会話文対策

特に、「会話表現」は、一度まとめなおしたほうがいいでしょう。それから、こんご、長文や会話文を読む中で、知らなかった会話表現など出てくれば、表現をストックできるノートやカードにその表現をためていくといいでしょう。これは、受験本番に持っていくことで直前チェックもできますね。

文法対策

出題形式になれておくことが大事です。内容一致問題や適語補充の問題、整除問題、正誤問題、同意文完成などオーソドックスなものが出題されます。弱点となる出題形式の問題に関しては、薄いテキストで構わないので、その形式だけやその形式が多い問題が載っているテキストを購入して、やりこなすことが大事です。

その他の大学の「英語」傾向と対策

スポンサーリンク

シェアする

スポンサーリンク