近畿大学入試「数学(文系・理系)」の出題傾向と対策・勉強の仕方

スポンサーリンク

近畿大学の「数学(文系・理系)」の出題傾向と対策・勉強の仕方です。人気大学だけであって取りこぼしが許されないのですが、他の教科同様、受験生に配慮した問題構成、難易度となっており、努力は報われるテストになっている印象が数学でもあてはまります。それでは、近畿大学入試「数学(文系・理系)」の出題傾向と対策・勉強の仕方をみていきましょう。

近畿大学入試「数学」の出題傾向

文系学部も理系学部もすべてマーク形式で、三問構成で100点満点のテストとなっています。図形を中心に、単元が網羅した問題構成となっていますので、苦手な単元を作らないことが、近畿大学数学の勉強のポイントとなるでしょう。難易度は、文系学部が、基礎中心、理系学部は、基礎から標準となっています。

近畿大学入試「数学」対策

  • 単元を絞らず、単元を網羅した総合問題(特に図形と方程式)
  • センタ-、近畿大学過去問での演習

以上の2点に絞った学習に重きをおいて、学習しましょう。

スポンサーリンク

単元を絞らず、単元を網羅した総合問題

図形を中心に据えて、それを題材にさまざま角度が出題されるわけですが、日ごろから、1題で単元を網羅できるような良質な総合問題を解くようにしましょう。そこで大事になってくるのは、図は丁寧に作成し、数値や等しいところやわかっているところを正しく記入しながら説いていくことです。しっかり筋道を立てて解いていくことが正解への近道です。

センタ-、近畿大学過去問での演習

マーク式ということからも、難易度面からみてみも、まずは、センター試験の過去問をベースにしていくことが大事でしょう。そこで間違った問題は、しっかり解説を読み理解を深めていきましょう。そして、大事なのは類題を解くということと1週間くらい間を開けて、再度、間違った問題そのものを解いてみるということです。ここがもっとも合格を手繰り寄せるポイントです。

まとめ

  • 図は丁寧に、わかっているもの、途中過程でわかったものは記入。
  • センタ-、近畿大学過去問
  • 間違った問題は、1週間後再度解く

その他の大学の数学対策

スポンサーリンク
他に知りたいことを検索!

フォローする