近畿大学入試「国語」の出題傾向と対策・勉強の仕方

スポンサーリンク

近畿大学の「国語」の出題傾向と対策・勉強の仕方についてです。近畿大学の入試は、国語だけなく全体的にもても、基礎から標準問題がちりばめられており、しっかり学習すれば高得点で合格が勝ち取れる問題となっています。そういう意味では、受験生にとって、良心的な問題で配慮された問題といえるでしょう。それでは、近畿大学入試「国語」の出題傾向と対策・勉強の仕方をみていきましょう。

近畿大学入試「国語」の出題傾向

例年、解答時間60分、大問は3題。その3題の中身は、現代文2題、古文1題となっており、すべてマーク形式の解答方式となっています。解答時間が短い分、若干、速読する力が問われます。また、何度も問題文を読み返さないでいいように、精読していくことも必要です。

近畿大学入試「国語」の対策

  • 知識問題
  • 古文の読解

については、対策が必要です。知識問題に関して、漢字の読み書き、語句の意味になりますが、すべてマーク式ですので、センターの過去問の演習をこなしていくといいでしょう。あまりに、苦手な人は、薄いテキストを1冊やりこなしましょう。覚えることなので、何度も繰り返して、全問正解できるようになる必要があります。

次に古文の読解です。近畿大学の古文は基礎中心なので、関関同立レベルの大学を志望している受験生にとっては、そのレベルの違いを感じることができるようです。簡単と感じるはずです。内容的には、文学作品など文学に関する問題を演習しておきましょう。そして、主語に注意しながら読むことが大事です。主語は省略されている場合があるので、それに注意しながら読んでいきます。7割ぐらいの文は、主語が省略されています。その主語の見つけた方ふがわからない人は、その主語に関するところを復習して、理解をしておく必要があります。

毎日、大問1題ずつでも古文を読んでいくことで、主語の抜き出しにも慣れていきます。

スポンサーリンク

その他の大学の「国語」の傾向と対策

スポンサーリンク
他に知りたいことを検索!

フォローする