2018年大学受験用時事用語【政治・国際関係編】まとめ

シェアする

2018年大学受験用時事用語【政治・国際関係編】をまとめています。

政治・国際関係編

スポンサーリンク

ポスト・トゥルース

「post-truth」は、直訳すれば、「脱真実(的)」となるところですが、実際は、「『客観的事実』が重要視されない時代とその雰囲気」を指す言葉。

ポピュリズム

ポピュリズムとは、政治指導者が一般大衆の一面的な欲望や不安、恐れなどに迎合し,大衆を操作することによって権力を維持する政治手法です。数に勝る大衆の支持のもとに既存のエリート主義である知識人など対立する政治構図をともないます。日本語では大衆主義や人民主義、大衆迎合主義とも呼ばれます。

全体主義

全体主義とは、個人の権利や利益、社会集団の自律性や自由な活動を認めず、すべてのものを国家の統制下に置こうとする主義(大辞泉)。やわらかく、耳障りのいい言い方としては、『個人の生活や意見は国家全体の利害に従うべきだという思想あるいは政治体制』となり、子どもたちに伝えるなら、『自分のためよりも、みんなのために行動しよう』と誰もが否定しがたい主義になります。『自分のためよりも、みんなのために行動しよう!国のために行動しよう!国が豊かになれば、結果自分も豊かになる。』という政治的風潮

右翼・左翼

右翼

民族主語とも呼ばれ、政治的には、指導政党制 (準全体主義)で、経済的には、資本主義のスタンスです。

左翼

革新とも呼ばれ、政治的には、指導政党制 (準全体主義)で、経済的には、社会主義のスタンスです。

<マスコミの政治的立ち位置> こんな感じ?
(左)┣┿┿┿┿┿┿┿朝┿毎╋┿┿経┿┿読┿産┿┿┫(右) 
(朝 → 朝日 毎 → 毎日 経 → 日経 読 → 読売 産経 → 産)

クーデター

武力による奇襲攻撃によって政権を奪取することをいう。通常の政権交代方式と違って非合法的であることに特徴です。似た事柄に、革命がありますが、革命は支配階級に対する大衆の蜂起とそれに続く既存の体制の転覆です。クーデターは支配階級内部の権力争奪である点で革命とも違っているとも言えます。

ダイバーシティ

「ダイバーシティ」とは日本語に翻訳すると「多様性」。たくさんのありさま、ということだ。地球環境で言えば、生物の多様性であり、植物多様性である。様々な「種」の生き物が共存している事をさす。「視点のダイバーシティ」を持ちたいものです。

サイバーセキュリティ

サイバー攻撃に対する防御行為。コンピューターへの不正侵入、データの改竄(かいざん)や破壊、情報漏洩(ろうえい)、コンピューターウイルスの感染などがなされないよう、コンピューターやコンピューターネットワークの安全を確保すること。

スポンサーリンク

シェアする

スポンサーリンク