国士舘大学AO・推薦入試・小論文対策テーマ「少子化問題」についての考察

国士舘大学AO・推薦入試・小論文対策です。一般的なテーマ「少子化問題」についてのある人の解答をみながら、考察していきましょう。小論文は、一夜づけや付け焼き刃では実力はつきません。体系的に学ぶことで、「論理力」「構成力」「着想力」をつけていくことが必要です。それでは、国士舘大学AO・推薦入試・小論文対策テーマ「少子化問題」についての考察です。

国士舘大学

少子化問題について、あなたの考えを800字以内を述べよ。
スポンサーリンク

ある人の解答例

私は今後子どもの数が格段と増えることも減ることもないと思う。

私は少子化問題遅れ原因2つあると考える。1つ目は女性進出だ。近年、社会で働く女性が増加している。その証拠に中学生の時からよく見るM字型グラフがある。これは、20代前半、20代後半で子どもの合計特殊出生率が増え、20代後半から30代前半では減少していることが分かる。20代後半から30代前半が一番出産しやすい時期なのに少ないということは、女性は結婚・出産より仕事を優先する女性が増えていることが推測できる。

2つ目は、この女性の社会進出に国が追いついてないことだ。2年ほど前、保育園に子どもが入ることができなかった母親がネットに書き込んだ記事が話題になった。保育園を作ろうとしても、住民の反対がとまらずなかなか建設できない状況だ。

国は、少子高齢化と嘆いているが、女性が子どもを産みやすい環境を整えきれていない。この状況が続くと今と出生率は変わらないだろう。待機児童の問題があるが、本当は隠れ待機児童がいることに目をそらしている様にも感じる。今、目の前にある問題を解決しなければ女性、安心して子どもを産むことができない。国や行政は女性が働きながらでも子育てしやすい環境を作るべきだ。

私は住民が反対するなら、会社に託児所を作るなど企業の理解もなければ、子育てを環境を整えられないと思う。

現在、日本では少子化問題が深刻している。これを食い止められ周りの多くの理解が必要となる。日本は高齢者問題、人口減少、グローバル化など様々な課題や目標がある。これらを解決するのは新しい人材、つまり子ども達たちだ。だから、新しい命が沢山生まれる世の中を作れるよう全国民が少子化問題を目を向けてほしいと思う。

添削・好評

×一番出産しやすい時期なのに→○一番出産しやすい時期にも関わらず
など、話し言葉が多いので、気をつけましょう。

×この女性の社会進出に国が追いついてないことだ→○この女性の社会進出に国の政策が追いついてないことだ。
主語と述語の関係をおさえる。 「国が追いつく。」そんなことはありません(笑)。

×日本は高齢者問題、人口減少、グローバル化など様々な課題や目標がある。→日本は、高齢者問題、人口減少などの問題やグローバル化推進の目標
そうでないとグローバル化が課題と論じてしまうことになる。

<深い考察が必要>

  • 本当に、昔は、安心して子どもが生めたのか?
  • なぜ、少子化にも関わらず、保育園が足りないの?
  • なぜ、少子化にも関わらず、待機児童がいるの?

<具体策が必要>

  • あなたなら、この論文に挙げてきた数々の問題を、どう解決するの?

<話題は絞る>

  • 話題が広がりすぎて、1つひとつの話題が浅はかで、幼稚になってしまっている。

<主張はひとつ>

  • この論文は、主張ばかりで、その主張に対する根拠・理由、背景が乏しい。

あわせて読みたい