【大学受験・日本史】高度経済成長期の日本についてのまとめ

スポンサーリンク

高度経済成長期の日本についてまとめています。自民党による55年体制、所得倍増計画など、日本は高度経済を果たしていきます。そのあたりは、大きな政治的な動きもあり入試でも頻出です。それでは、高度経済成長期の日本についてみていきましょう。

高度経済成長期

第二次世界大戦に日本自由党結成した鳩山一郎は、一時公職を追放されるが政界復帰を果たし、吉田茂に代わり1954年に首相に就任した。1955年に日本民主党と自由とが合同して自由民主党が結成された(保守合同)。初代総裁には、鳩山一郎が就任した。同じく1955年、社会党も再統一され、第1党に自由民主党、第2党日本社会党という55年体制と呼ばれる政治体制が生まれた。1964年には公明党形成された。自由民主党と社会党の二大政党を中心とした保守・革新の対立は93年の細川内閣成立まで続いた。

スポンサーリンク

池田勇人内閣

池田勇人内閣スローガンとして「寛容と忍耐」を唱えた。国家通貨基金の8条国への移行や経済協力開発機構(OECD)の加盟により開放経済体制への移行が進んだ。池田勇人内閣の時期の1961年に、食料需要の調整や農業に所得の安定化のため農業基本法を制定し、農工間所得格差の是正や農業経営の自立の務めたが、専業農家減少を続けた。一方で、農業改善のために高くの補助金が支払われた。

また、池田内閣は、国民所得倍増計画を打ち出した。第二次世界大戦戦後の高度成長期日本では太平洋側の臨海部を中心に、新鋭の製鉄所や石油化学コンビナートなど重化学工業地帯(太平洋ベルト地帯)が形成され、産業と人口の著しい集中が生じた。1973年には為替相場固定相場性から変動相場制変動相場制へと移行した。

田中角栄内閣

田中角栄は日本列島改造論を捉え工業事業推進した、一方で、1973年の第4次中東戦争をきっかけにした石油ショックで大きい狂乱物価に見舞われた。世界経済の動向の影響を大きく受けるようになっていった。

あわせて確認

スポンサーリンク

フォローする

スポンサーリンク