明治大学入試「数学(文系・理系)」の出題傾向と対策・勉強の仕方

スポンサーリンク

明治大学入試「数学(文系・理系)」の出題傾向と対策・勉強の仕方

明治大学「数学(文系・理系)」の出題傾向

スポンサーリンク

文系数学

数Ⅲは選択。学部ごとに若干違う。時間はどの学部も60分。ほとんどの学部で、マーク式の選択問題と記述式の問題が併用されています。文系学部では、記述問題は大問1問程度。。問題は、文系学部はどの学部も標準的な典型パターンが多い。計算力はつけておきたい。図形、グラフ関連の問題は、すべて解放パターンは学習しておきましょう。自分が解いた問題は、確実に正解しておくというのが合否の境となるでしょう。全体として整数問題や図形問題、微積分からの出題が多い。センター試験と傾向が近いので、センター試験の過去問を解くことも良い対策になります。ただ時間あたり課せられる量は明治大学の方が多い。

理系数学

大問1題あたり30分前後で解くというスピードも要求されます。問題レベルは、標準。全範囲を網羅した学習が必要。苦手分野を作らないというのがポイント。全体として、特に数学Ⅲは時間的にかなり厳しく、数学Ⅰ・A・Ⅱ・Bもあまり時間の余裕はありません。すべての問題を解き切ることよりも、解ける問題をしっかりと完答することが重要です。

明治大学「数学(文系・理系)」の対策

計算力

文系学部でも、微積分の問題は高い割合で出題されます。理系学部はほぼ100%。微積分の問題を通じて、計算力を高めていくこともできるので一石二鳥です。なんといっても計算ミスなのでの失点は命取りです。マーク式の問題では、途中の過程の加点がありませんからね。。

過去問

明治大学の数学では、複数分野にまたがった、融合問題が出題されます。過去問を志望学部以外のもの、余裕があればMARCHの過去問を含めて、融合問題をピックアップして解いていくのもおすすめです。苦手な単元は、今この瞬間からでも、教科書の章末問題レベルまでは習得しておきたいものです。

解法パターン

解法パターンや公式は、ただ覚えるだけなく、どうしてそれが成り立ちつか、その解法に至る考え方や理由について勉強することで、見慣れない問題にも対応できる応用力が身につくので、実践していきましょう。

その他の大学の数学対策

スポンサーリンク
他に知りたいことを検索!

フォローする