立命館大学入試「数学(文系・理系)」の出題傾向と対策・勉強の仕方

スポンサーリンク

立命館大学入試「数学(文系・理系)」の出題傾向と対策・勉強の仕方です。

立命館大学入試「数学(文系・理系)」の出題傾向

スポンサーリンク

文系数学

大問は3題(1題は、記述式)出題され、標準的なレベルですが、関関同立の中では、一番難しいです。各問題において、条件整理が大事、思考力さらには計算力が問われます。単元としては、微分・積分法、ベクトル、 確率、 数列を中心に、まんべんなく出題されている傾向が強いです。大問1、2が勝負でしょう。数学が苦手な人は、この対策をしっかりとり、他の教科でしっかり点数をとることが大事になってきます。

理系数学

大問4題出題され、解答のみの採点で、部分点狙いができないので、その部分は難しいですね。特に計算力が問われるので気をつけたいところです。単元としては、文系学部と同様、微分・積分法、ベクトル、 確率、 数列を中心に、まんべんなく出題されている傾向が強いです。よく頻出される代表パターン問題は、完全に習得しておく必要があるでしょう。。

立命館大学入試「数学(文系・理系)」の対策

  • 計算力
  • 記述対策(文系学部)

計算力

時間を計りより早く、より正確に正答を導いていかないといけないのですが、それよりも大事なのは、もっと効率的な解法はなかったのか。また、より早い計算の仕方(公式を利用するなど)がなかったのか。を確認することが大事です。学校の先生や解説書などを利用して、そこを探っていく必要があります。

記述対策

証明問題も含め、あらゆる問題を解いて、先生など第3者に添削をしてもらい、しっかり完全解答できるまでくりかえし、同じ問題をするということを積み上げていくのが、結局のところ、合格への最短距離です。数学が苦手な人は、立命館大学が第一志望であれば、数多くの記述問題のパターン演習が必要ですが、その他の人は、それなりにしておいて、空所補充の問題(これはセンター対策をすることで身につく)に重点をおいたほうが得策でしょう。

その他の大学の数学対策

スポンサーリンク
他に知りたいことを検索!

フォローする