明治大学入試「英語」の出題傾向と対策・勉強の仕方

シェアする

明治大学の「英語」の出題傾向と対策・勉強の仕方です。現在最も、人気のある大学の1つである明治大学。志願者が多い大学を受験する際は、いかにケアレスミスをなくすなど、イージーミスが命取りになります。明治大学は、どこで取りこぼしてはいけないのか、傾向と知ることでそこを探り、対策をとっていきましょう。それでは、明治大学入試「英語」の出題傾向と対策・勉強の仕方をみていきましょう。

明治大学入試「英語」の出題傾向

長文、文法が柱。長文は空所補充、下線部の意味内容、指示語の指す内容、整序英作文、内容一致。文法は、正誤問題、英作文、和文英訳。明治と同レベルに位置するMARCHのようにしっかり勉強しておかなければ、点数がとれません。明治大学の英語は、一方で、時間との戦いでもあるので、そのあたりの対策もとる必要があります。

また、学部によって、記述問題などが出題される学部もあるので、細かいところは、自分の志望する学部の過去問でその傾向をつかんでおく必要があります。長文の内容に関しては、現代社会を扱った問題が多いので、日ごろからニュースや本で、予備知識を蓄えておくといいでしょう。

明治大学入試「英語」の対策

  • 時間配分
  • 文法正誤問題
  • 英語知識の底上げ
スポンサーリンク

時間配分

速読の問題集(おすすめの英単語教材「速読英単語」シリーズの使い方を伝授!)を上級編まで仕上げ、速読ができるようになることが前提でしょう。そのうえ、内容をつかみながら、解答していくことになります。

文法正誤問題

英語は得意な人は、ここで他の受験生と差を広げたいところです。文法正誤問題は、英語の問題の中でも正答率が低く、しっかりとした知識がないとなかなか正解が導けないようです。文法正誤問題は、一冊テキストを何度も繰り返し、どこが狙われやすいのかを体にしみこませましょう。

英語知識の底上げ

発音・アクセント、同意表現、慣用表現など英語知識の底上げも必要でしょう。英単語、英熟語も早慶レベルまで仕上げていくと、長文読解など楽になっていきます。明治大学レベルは、長文は読めること前提で、いかに精読し、本文を理解するかが問題を解く上で大事になってきます。
確認【大学受験】英単語の発音・アクセント問題対策。ラクにルール・テクニックで解く!

その他の大学の英語対策

スポンサーリンク

シェアする

スポンサーリンク