大学入試の面接で見られている3つの大事なポイント

スポンサーリンク

大学入試における面接で、面接担当者が面接を行う理由は大学と受験生がマッチしているのか、またうちの大学にふさわしい学生かを判断するためにあります。つまり大学入試の面接とは大学と学生のマッチングの質を判断しているということができます。今回は、そのマッチングの質を探るうえで、面接が見ているポイントを上げていきます。

面接官はここを見ている!

スポンサーリンク

できること<CAN>

Canとは、あなたがこれまでに身につけたスキル・経験のことを指します。Canを見ることで大学は今のあなたの価値を推し量っています。スキルでわかりやすいのは、資格の取得や部活動の戦績が主になります。その上で、どんな経験を重ねることができたのか、明確に言えると完璧です。

したいこと<Want>

Wantとは、将来のあなたの価値と言い換えることができるでしょう。その大学でどんなことをやりたいのか、どういう生き方をしていきたいのかを聞くことで大学とマッチするかを判断します。あなたのしたい事が、その大学でできるうるのか、大学は判断しているということになります。せっかく入学できても、その大学でやりたいことができなかったら、あなたにとっても望ましいことではないでしょう。つまり、大学の面接は、あなたとの相性を見極めるテストといっていいでしょう。

人柄<Character>

最後にCharacterとは、あなた自身ことで、大学での学習環境・校風とマッチしているかを判断しています。「面接で自分を偽らない方がいい」と言われるのは、自分のCharacterとマッチしていない大学に入学してします恐れがあるからです。

まとめ

面接の際にはこの3つのポイントを意識して話すようにしましょう。また、面接官はCan、Want、Characterのそれぞれに一貫性があるかも見ています。明確な目的や理由を説明できれば問題はありませんが、自分の主張に一貫性があるかも面接前にチェックしています。

あわせて確認

スポンサーリンク

フォローする

スポンサーリンク