【大学入試】面接で合格・突破できる人の3つの特徴

面接で通る人と落とされる人はどこに違いを見ていきます。そうすると、面接で通りやすい人に共通する特徴があることがわかります。今回は、それを伝授します。

面接で合格・突破できる人の3つの特徴

スポンサーリンク

1.自信がある

自信のある態度は面接の際に重要になってきます。ほとんどの学生は人生経験がないはずなので、大学の綿製の段階でそれほど差はないはずです。にもかかわらず自信に溢れている人もいれば、自信なさげな態度の学生もいます。面接官からすると自信に溢れた学生を採用したいと思ってしまうものです。自信のあるように見せることは態度を変えるだけで簡単に実行できるので、面接の際には以下のポイントに気をつけてみてください。きっとあなたの第一印象は良くなり面接の結果も変わってくることでしょう。

  • 背筋は伸びているか
  • 胸をはれているか
  • 声は十分大きいか?自信を持っているように聞こえるか
  • 「かもしれません」と語尾を濁していないか?しっかり言い切っているか。
  • しっかり前を見据えて話せているか
  • 表情は朗らかか?適度に笑顔を交えているか。

面接官の気持ちに立って考えてみましょう。しっかりとした態度で自信に溢れている人=前に向きに勉学もできそうと捉えられ面接でも好印象です。

2.会話ができる

二つ目のポイントは会話ができるかどうかです。ここで言う会話ができるとは、「相手とのコミュニケーションが取れる」という意味です。大学の面接で自分のアピールばかりしている学生を見たことはないでしょうか?面接とは確かにアピールの場でもあるのですが、あくまで面接官という「人」を相手にした場ですので会話を意識するようにしましょう。結果的に「この人はしっかりコミュニケーションが取れる」「こちらの思いを汲み取ろうとしてくれている」と評価してもらえることでしょう。

相手のニーズをしっかり汲み取ることは仕事において極めて重要です。相手の話を聞いた上でこちらの強みを話すなど「会話」を意識しましょう。

3.面接練習をきちんと行っている

面接練習をきちんと行っていることがとても大事になってきます。能力はあるのに面接で落ちてしまう人はたくさんいます。彼らは単に自分の意見やスキルをアピールするのが不得意なだけのことが多いです。面接練習をするということは、「自分のことを如何に相手に上手く伝えるか」を練習することです。

面接の上手い、下手は大抵が単に練習量の差です。量をこなすことの重要性を意識していない就活生が意外と多いので時間を惜しまず割きましょう。

面接の練習で見落としがちなのが自己紹介の練習です。受け答えや志望動機/自己PRの練習だけではなく自己紹介で抑えるべきポイントも確認しておきましょう。
参考自己PRの書き方・自己PRの仕方

まとめ

面接で通りやすい人に共通する特徴の特徴には

  • 1.自信がある
  • 2.会話ができる
  • 3.面接練習をきちんと行っている

があることがわかりました。上記の3つをおさえて上で、日々面接のトレーニングを重ねていきましょう。