中村学園大学がハワイ大学とのダブルディグリー制度設置!

シェアする

中村学園大学が米国ハワイ大学カピオラニ校とのダブルディグリー制度を設置とのこと。今回のダブルディグリー制度とは、中村学園大学在籍中に留学先のハワイ大学で修得した単位の一部を認定し、両大学の学位を修得が可能になる制度。ダブルディグリー制度自体は社会のグローバル化の進展や複雑化するニーズに対応するため、国内の大学で導入するケースが急速に増えてきています。

中村学園大学がハワイ大学とのダブルディグリー制度

今回の中村学園大学とハワイ大学とのダブルディグリー制度は、中村学園大学生の留学期間は1年間で、2年次の夏から3年次の夏ごろまでで、履修するのは23~27単位。ハワイ大学カピオラニ校では料理芸術学や飲食経営学の学位を取得できるとのこと。

スポンサーリンク

産学連携サービス経営人材育成事業

中村学園大学は2015年、経産省の産学連携サービス経営人材育成事業に採択され、食産業サービスの経営人材育成に着手する一方、2017年4月から栄養科学部にフード・マネジメント学科を新設しています。
参考中村学園大学のフード・マネジメント学科とは?進路・就職先は?

今回は、中村学園大学は、経産省の支援を受け、九州を中心に産学官33団体を集めて「食産業サービス経営人財育成コンソーシアム」を開催、食産業が求める人材育成に向け、教育プログラムを体系化し、プログラムの中で海外の最新知見学習を重要と位置づけ、ダブルディグリー制度の導入を決めた。

スポンサーリンク

シェアする

スポンサーリンク