点数が取りやすいのは、日本史と世界史は、どちらか。

スポンサーリンク

今回は、受験科目を選択する上で、多くの受験生を悩ますのが、日本史と世界史の科目選択です。気になるのが、どちらが楽で、得点しやすいのかということなのでしょう。そこに焦点を絞って記述していきたいと思います。

日本史と世界史のイメージ

受験抱くイメージとして、日本史は、深く細かくて覚える量が多そう!世界史は、広く浅くカタカナで名称が長くやっかいそう!そんな声が多いですね。

これまでの受験生は、どんな選択をしてきたのでしょうか。最近の傾向ですが、センター試験でいえば、受験者数は、日本史、地理、世界史の順になっています。「地理」が2番目に入ってきており、日本史と世界史の洗濯であれば、日本史に軍配が上がっているようですね。

スポンサーリンク

日本史と世界史の選択の仕方

一番の方法としては、中学時代を振り返るのがいいのではないでしょうか。社会で分野毎つまり、日本史、地理、世界史と挙げたとき、得意だった分野やパッといろいろなことが思い出される分野を選択するという方法です。社会が苦手でだった人は、よりマシだった分野でかまいません。

これといってない人やそれでも迷う人は、「世界史」をおすすめします。

世界史をおすすめする理由

勉強する量が一番少なく、他の教科にその分時間を割り当てられるということが一番です。日本史、地理、世界史のセンター試験の平均点からすると、どの教科も大して変わりません。得点しやすさからすると、差はありません。ならば、その点数をとれるようになれるまでに要した時間を見ることになるのですが、これは世界史が一歩リードということになります。

日本史は、内容が濃く、深堀りされるので、勉強に切りがなくなり、結果として勉強時間を要することになり、特に私立大学の入試では、どこまで深堀りすればいいのかわからなくなるくらいです。

満点を狙うなら日本史?

満点や9割以上の得点ということであれば、日本史がいいのかなあと経験則から言えます。それは、内容が濃く、深堀りされるわけですが、それは、日本の歴史のみの学習だからですね。世界史は、いろいろな国の流れをくみとり覚えていかないといけないのですが、日本史は、日本の1本です。その1本の日本が大好きであれ、流れが1本の分、高得点者数の割合が多いような気がします。

まとめ

この記事では、あくまで、独断と偏見ですので、自分が学びやすい、好きな科目を選択するのが一番なのは変わりありません。

  • 他の教科に時間を割き、効率よく7.8割をとりたい人⇒世界史
  • まだ時間に余裕があり、高得点をとりたい人⇒日本史

というような感じでしょうか。ですので、これを読んでいる人が、高校1年生であれば、日本史で勝負して、得点源としていくのもいいのかもしれませんね。

日本史の勉強はこちら

など

スポンサーリンク

フォローする

スポンサーリンク