国公立大学2次試験!小論文で逆転できる大学一覧

スポンサーリンク

国公立大学の中には、小論文の配点比率が非常に高い大学があります。センター試験との合計得点で入学者の選抜が行われますが、小論文の占める割合が50%を超える大学も存在します。センター試験で失敗しても、小論文で逆転の可能性が高い大学、小論文の比率が50%を超える大学を紹介します。

国公立大学入試で小論文の比率が高い大学

センター試験と2次試験の合計点に占める小論文の割合が50%を超える大学の一覧を掲載します。小論文が得意な方は必見です。

  • 北海道大学
    後期
    教育学部(50%)、法学部(50%)
  • 弘前大学
    後期
    人文社会科学学部/文化創成・社会経営(50%)
  • 筑波大学
    後期
    人文・文化学群/人文学類(50%)
  • 東京学芸大学
    前期
    教育学部/教育支援(50%)
  • 信州大学
    前期
    理学部/物質循環学(50%)
  • 金沢大学
    後期
    人間社会学域/人文学類・国際学類(50%)、地域創造学類(67%)
  • 大阪市立大学
    後期
    法学部(63%)
  • 奈良教育大学
    後期
    教育学部/学校教育(50%)
  • 奈良県立大学
    中期
    地域創造学部(60%)
  • 和歌山大学
    後期
    経済学部(67%)
  • 九州大学
    後期
    文学部(52%)、経済学部/経済・経営(60%)、経済学部/経済工学(52%)
  • 鹿児島大学
    後期
    法文学部/人文・多元地域文化(50%)

後期日程で小論文のみが課されるパターンが多いようです。旧帝大レベルの大学が名を連ねていますので、センター試験でのある程度の得点率がないと苦しいのは現実ですが、少し届かないくらいなら何とか逆転できる可能性が十分にありそうです。

小論文で勝負すると決めたのなら、しっかりと対策を講じる必要があります。入念な対策を行った生徒と、そうでない生徒では小論文の中身が全然違います。どこで減点されるのかなども知っておかないと、最悪、読んですらもらえない可能性もあります。時事問題に対する自分の意見もしっかりと持っておきましょう。

スポンサーリンク

小論文の書き方

小論文の書き方などについてもご紹介しています。受験勉強やAO入試対策、推薦入試対策に是非ご活用ください。

小論文が苦手な人のための小論文の基礎・コツを伝授!
今回は、大学受験の小論文について、書きます。国立大学の2次や私立大学でも医学部・文学部でその出題が課せられる大学も少なくありません。この記事...
医学部・看護学部でよく出題される小論文テーマ・医学知識一覧
今回は、医学部・看護学部など、医歯薬系の学部の人のための小論文の記事です。医学系を志望する人は、ほとんどの大学で小論文、面接が課されるわけで...
小論文で字数制限に届かないときの対処法と絶対にやってはいけないこと
AO入試や推薦入試で小論文を書くときに、どうしても字数制限に届かなくなることがあるかと思います。今日は、字数制限に届かなくなってしまったとき...

国公立大学2次試験について

小論文の他にも、2次試験の配点比率が高い大学を紹介してます。センター試験で失敗したが、記述式の問題が得意な生徒は必見です。逆転を目指して頑張りましょう。

逆転!国公立大学2次試験の配点比率が高い大学
国立大学の合否は、センター試験の得点と2次試験(個別学力検査)の得点の合計で決定します。センターと2次の配点比率は、大学や学部によってまった...
国公立大学2次試験で逆転するには?されないためには?
センター試験後は自己採点を行い、国公立大学を志望する生徒は2月頭までには2次試験の出願を行わなければなりません。センター試験のできは人によっ...