【大学受験・日本史】岡田啓介内閣についてのまとめ

シェアする

岡田啓介内閣についてのまとめです。国内でのさまざま運動があった時期です。それぞれの事象についての中身についても把握しておきましょう。それでは、【大学受験・日本史】岡田啓介内閣についてのまとめをみていきます。

岡田啓介内閣

  • 美濃部達吉の憲法理論である天皇機関説に対して、反国体的であるとして、非難が高まり(天皇機関説問題)、内閣も国体明徴声明を出して美濃部の学説を反国体的とした。
  • 1936年、陸軍の急進派である皇道派の青年将校たちによるクーデター事件二・二六事件が起き、内閣は辞職に追い込まれた。
スポンサーリンク

天皇機関説

美濃部達吉によって主張された学説で、国家を統治権の主体とし,天皇は国家の一機関にすぎないとする明治憲法の解釈のこと。

国体明徴声明

貴族院の菊池武夫が美濃部達吉(当時東京帝大教授,貴族院議員)の学説をとりあげ、統治権の主体を国家とし、天皇をその国家の最高機関とする天皇機関説は、天皇の絶対性を否定し、天皇の統治権を制限しようとする反国体的なものと声明。

二・二六事件

1936年2月26日、急進的な青年将校たちが兵を率い、クーデターをおこした。高橋是清蔵相、斎藤実内大臣らを殺害し、東京・永田町一帯を占拠したが、陸軍当局によって鎮圧。以後、軍部の政治的発言力が強まっていった。

あわせて確認

スポンサーリンク

シェアする

スポンサーリンク