オープンキャンパスに行ってみよう!注意点や大切なことのまとめ

スポンサーリンク

夏はオープンキャンパスの最盛期です。夏休みを利用して様々な大学のオープンキャンパスに行く生徒も多いのではないでしょうか。今日はオープンキャンパスに行く目的と注意点をお伝えします。

オープンキャンパスに行く目的

オープンキャンパスに行く目的は、将来自分が行く大学が、想像していたものとあっているのかを調べるためです。「百聞は一見にしかず」というように、自分が想像していた大学像と、実際の大学が大きくかい離している場合も少なくありません。

実際にキャンパスを訪れることで、生の感触を味わうことができ、インターネットで調べた内容と一味違う体験をすることができます。また、実際に訪れることで受験勉強のモチベーションアップにつながることもオープンキャンパスのメリットと言えるでしょう。

スポンサーリンク

複数の大学を比較する

オープンキャンパスは1校だけでなく、複数の大学に行くことをお勧めします。実際に、第一志望の大学よりも第二志望の大学の方がオープンキャンパスでの感触が良かったと進路を変更した生徒も多々存在します。

また、第一志望と第二志望を比較することで、改めて第一志望大学への入学の決意が固まる生徒もいます。自分が受験すると決めている大学1つだけを見るのではなく、複数の大学を比較するのもいいかもしれませんね。

一人で行くか友達と行くか

オープンキャンパスには一人で行くのがいいか、友達と行くのがいいかという相談をよく受けます。自分の目的がはっきりと決まっているのであればどちらでも構わないのですが、途中まで一緒に行って、キャンパス内は別々に行動することをお勧めします。

どうしても友達とオープンキャンパスに行くと、自分の目的と違う場所に行ったり、自分の目的外のことをしなくてはならなくなります。自分の考えとは違って、友達の考えに流され、色眼鏡で大学を見てしまうことにつながることもあります。

なるべく、オープンキャンパスは一人で回るようにし、オープンキャンパスに行った後に友達と情報交換するのがいいのではないでしょうか。

オープンキャンパスに行く前に

オープンキャンパスは、自分の進路を決定づける大切なイベントです。事前準備をしっかりと行い無駄がないように行動しましょう。次の点に注意してください。

  • 実施イベントを調べる
    タイムスケジュールを確認し、効率的に回れるようにしておく。
  • 事前申し込みが必要か調べる
    実施されるイベントには事前申し込みが必要なイベントもあります。
  • 質問したいことなどをメモにまとめておく
    当日は教授に相談する機会があるかもしれません。メモを持っていきましょう。
  • 交通経路を調べる
    受験本番でも、そのキャンパスに行くかもしれません。

上記の点は最低限準備してオープンキャンパスに行ってください。

まとめ

AO入試や推薦入試には、オープンキャンパスに行ったことが出願条件となっている大学も少なくありません。また、面接などの際にもオープンキャンパスに行ったことが評価をあげることだって考えられます。

あなたの大切な進路が決定する大学入試に向けて、是非実際の大学生活が行われるキャンパスに足を運んでみてはいかがでしょうか。

スポンサーリンク

フォローする

スポンサーリンク