夏休みの勉強のポイントはやらないことを決めること!

夏休みは待ってくれません。7月も早くも過ぎ去り、あっという間に8月に突入です。この時期になると非常に焦りを感じている生徒が多くなってきます。確かにこの時期は勉強の時間がとれる大切な期間ですが、焦りすぎて途方もない計画を立てる生徒が続出します。そんなあなたに夏休みの勉強法で大切なポイントを説明します。

夏休み8月の勉強よくある失敗例

受験生である高校3年生は、この夏休みにいかに量をこなし、基礎を定着させるかが非常に重要になります。夏休みを制するもの受験を制すといいますが、夏はまとまった時間がとれる唯一の長期休暇です。

2学期が始まると、体育祭や文化祭、学校の授業も進みだすし、なかなかまとまった勉強ができる時間が取りにくくなるのが現状です。それがわかっているのか、夏休みがある程度過ぎた8月頭に、とんでもない学習計画を立てる生徒が続出します。

この夏休み中に数学の青チャートを3周終わらせる。物理のエッセンスも全て終わらせ、良問の風や名問の森に入る。英語も長文の問題集をハイレベルまで進める。おまけに、普段やらない社会の問題集も終わらせるなどの、達成不可能な目標を立てる生徒が多く出てきます。

はっきり言って無理です。今までの成績があなたの履歴書です。よっぽどの覚悟がないと、そんな計画は達成できません。結局、どれも中途半端に終わり、残るのは失望感だけという状況に陥る生徒も少なくありません。

スポンサーリンク

夏休み8月の勉強のポイント

焦りが生じる8月の勉強のポイントは、得意教科をつくることです。受験の中核になる教科が望ましいのですが、欲張ってすべての教科・科目に手を出すのではなく、どれか1つの教科をしっかりと伸ばしてください。

その際のポイントは、「やらないことを決める」ことです。どうしても欲張ってあれこれと手を出しがちですが、これだけをやる。この教科を絶対に伸ばす。という気持ちで、一つ得意教科をつくるように心がけてください。

1つ核となる教科・科目が決まると、その他の教科もじわじわと伸びてくるものです。自信というか余裕というか、そんなものなんですね。受験がうまくいった生徒は意外とこのタイプが多いような気がします。