大学とのミスマッチを無くすためにもオープンキャンパスで質問しよう!

シェアする

夏は各地の大学でオープンキャンパスが開かれます。AO入試や推薦入試を受験する生徒は絶対に行っておきたい一大イベントです。大学に見事に入学しても卒業までに大学を中退する学生が後を絶ちません。オープンキャンパスで自分の不安をぶつけてみましょう。

オープンキャンパスではどんどん質問すること

大学に入学後、卒業するまでに大学を中退する学生は約1割にも上ります。生活の厳しさから学費が払えなくなって中退する学生も多いのですが、大学に行く気力が無くなったり、大学に行く意味を見失って中退するケースも後を絶ちません。

せっかく高い入学金や授業料を払っておきながら最後まで学問を修めることができないとなれべ非常にもったいないものです。

そんな事態を無くすためにも、オープンキャンパスや説明会などには必ず参加するようにしましょう。大学、キャンパス内を散策し、4年間しっかりと学業に集中できる環境なのかを調べるようにしましょう。

また、大学関係者や教授などに直接質問ができるので、今自分が感じている不安を包み隠さず質問するようにしてください。ここで、変なことを質問したからと言って入試には関係ありませんので、遠慮せずにどんどん質問することです。

スポンサーリンク

合同説明会でも質問ができます

オープンキャンパス以外でも、大学の合同説明会が毎月と言っていいほど各地で開催されています。ここでは、ブースにいる教授や大学関係者に直に質問することができるようになっています。

あわせて読みたい記事

スポンサーリンク

シェアする

スポンサーリンク