2017年度の給付型奨学金は2,502人に支給!2018年度からは2万人に

シェアする

日本学生支援機構は、2017年に先行実施された返済が不要の奨学金制度「給付型奨学金」の対象者数を発表しました。2017年度に受給が決定した学生数は2,502人になることがわかりました。

2017年度給付型奨学金対象者

先行導入された2017年度の受給対象者は、合計2,502人で内訳は次のようになっています。

  • 大学の学部学生 1,671人
  • 短期大学生 195人
  • 高等専門学校生 6人
  • 専修学校(専門課程)生 630人

私立大学に進学し、自宅外から通学する場合には月額で4万円が支給され、国公立大学の場合は3万円が支給されます。

18歳時点で児童養護施設等に入所していた人や里親等のもとで養育されていた人など、社会的養護を必要とする学生は、さらに初回振込時に一時金として24万円が別途支給されます。

スポンサーリンク

2018年度から本格実施 受給対象者を2万に

文部科学省は2018年度から本格実施に移行しています。支給対象車を約2万人広げる方針で、学校設置者や自宅、自宅外の通学方式などは問われなくなります。

対象となるのは、住民税非課税世帯(市町村民税所得割額が0円)の人や生活保護受給世帯の人、または社会的養護を必要とする人のいずれかの条件を満たしている学生で、平成30年3月末に高等学校等を卒業予定の人の他、高等学校を卒業後2年以内の人、高卒認定試験合格者で合格後2年以内の人が申し込めます。具体的には、各高校がガイドラインに沿って申請を進めることになります。

給付月額は、大学の種類や通学方法により、給付月額が変更されます。

  • 国公立 自宅通学  2万円
  • 国公立 自宅外通学 3万円
  • 私立大 自宅通学  3万円
  • 私立大 自宅外通学 4万円

社会的養護を必要とする学生には、一時金として24万円が別途支給されます。

あわせて読みたい記事

国が実施する奨学金制度が充実してきています。返済が不要な給付型奨学金の他にも、従来の貸与型奨学金があり、給付対象者が拡大されています。

大学進学者の奨学金制度「給付型」と「無利子」の拡充!

スポンサーリンク

シェアする

スポンサーリンク