AO入試受験者がとっておきたい資格!将来の就職にも有利

AO入試を受験しようと考えている生徒は、何か資格を取っておいた方がいいのか?という不安があると思います。今日はAO入試や推薦入試で有利になる資格についてご紹介します。

英語4技能試験

何といっても語学は資格の定番です。持っていて損することはなく、受験英語の勉強にもプラスになること間違いありません。最近では、英語4技能の資格を持っていることが出願条件になっていたり、評価にプラスされる大学や学部が急増しています。

英語の4技能試験といっても様々なものがあります。その中でも、高校生にとって受験しやすいものや大学の評価が高いもの、社会に出てから役に立つものをご紹介します。

スポンサーリンク

英検(英語検定試験)

古くから日本の中学校、高校に浸透している英検が、高校生にとって一番なじみのあるものではないでしょうか。大学入試においても、学科試験免除などの得点を受けれるようになっています。

全国の大学受験で利用されている英語外部検定としても、今なお1位の座に座り続けているのもすごいですよね。4技能化もされていますので、これからの4技能試験としても十分に対応できているようです。

TOEFL

将来海外留学を考えている生徒は必見のテストがTOEFLです。TOEFLテストは、海外の多くの教育機関で採用されている英語能力試験で、世界の教育機関で入学や留学条件の基準として利用されています。

大学受験の際にも学科試験免除や得点換算されたりする制度が整っています。英検の次に利用している大学が多いというデータもあります。大學で海外留学を考えている高校生は、今から十分な対策をしておきましょう。

TOEIC

社会人の英語試験の定番といえばTOEICです。TOEICは、英語によるコミュニケーション能力を評価する世界共通のテストで、社会人が多く受験するイメージが強いのですが、近年は大学入試でも重要視されるようになっています。

大学に入学後もクラス分けの基準として利用されたり、就職試験でもTOEICのスコアが出願条件になっていたりします。文系理系問わず必要になる語学力。高校生のうちから取得することをおすすめします。

簿記検定

簿記検定も高校生にとってなじみのある試験ではないでしょうか。高校生が受ける簿記検定といっても大きなもので2つあります。日商簿記検定と全商簿記実務検定です。日商簿記は、社会人や大学生などが受験し、高校生は全商簿記実務検定を受けるイメージが強いです。

電卓をはじいて試算表などを作成する能力も必要ですが、会社の決算書や財務諸表を読み解くうえで必要な力が養われます。商学部や経済学部などの経済系の学部入試で評価してもらえるのも嬉しいですね。

数検(実用数学技能検定)

数学や算数の実用的な技能を測定する試験が、実用数学技能検定です。計算や作図、表現、測定、整理、統計、証明の力を測る試験で、全国の大学でAO入試や推薦入試で優遇されたり、就職でも評価される資格になっています。

その他の検定

その他にも高校生が受験できるたくさんの資格試験があります。

  • 漢検(日本漢字能力検定)
  • 世界遺産検定
  • 秘書検定
  • MOS(マイクロソフト オフィス スペシャリスト)
  • カラーコーディネーター 色彩検定

などなど、自分の興味がある資格試験があればチャレンジしてみるといいかもしれませんね。

あわせて読みたい記事