理系の物理・生物・化学の選択方法

スポンサーリンク

理系の理科教科には4つの理科科目があります。「物理」「生物」「化学」「地学」です。今回は、理系の理科科目の選択方法について考えていきます。

志望大学の受験科目から選択

志望大学がはっきりと決まっている場合や、進学したい学部や学科が決まっている生徒の場合は、志望大学の受験科目から選択できる科目を選んでください。受験情報誌やインターネットで簡単に検索できますので、まずはそこから始めてください。

ほとんど場合は、地学を除く3科目から2科目選択するパターンが多いのではないでしょうか。ほとんどの生徒は、化学と物理、もしくは、化学と生物の選択に落ち着くはずです。化学は物理と生物の両方と通じる科目ですので、化学選択は必須になります。

スポンサーリンク

化学は絶対に選択すべし

化学と物理は勉強する分野が被ることが非常に多いです。原子や気体、熱など重複が見られます。また、生物を勉強するうえでも化学の知識は必須です。光合成の化学反応式やアミノ酸の構造式など重複します。

センターの得点も化学の平均点が一番高く、かつ得点調整もされないレベルですので、化学受験は非常に有利です。この点も化学選択の利点になります。

数学が苦手でないのなら物理選択

化学を決めたところでもう一つの科目をどうするか。結論から言うと、数学がそこまで苦手ではないのなら物理の選択をおすすめします。物理はその分野の性質上、一度マスターしてしまえば、比較的安定し点数を取ることができるようになるからです。

最初はとっつきにくいのですが、範囲も生物と比べ非常に狭いです。特に国公立2次試験でも理科科目が必要になる場合は、生物よりも解きやすい物理を選択したほうが無難です。

どうしても数学が苦手という生徒は、物理を選択することをお勧めしません。なぜならば、物理では絶対に数学の知識が必要だからです。三角関数や微分・積分など、問題のレベルが高くなればなるほど数学が必要になってきます。

しかも、短い時間に計算をしなくてはならないので、数学の計算力は必須になります。どうしても数学が… という場合は無理に物理を選択しないようにしましょう。

数学が苦手なら生物選択

生物は、物理と違って国語的な要素が多く混じります。長い文章を読み複数の資料との関係性を読み解いて推測していくような問題が多数みられるからです。

センター試験まではそうでもありませんが、難関私立や国公立大学の2次試験までにもなると、難解な問題が一気に増える傾向にあります。レベルが上がれば上がるほど物理選択者が多くなりますので、生物では難問や奇問、悪問なども多くみられるようになります。数学が苦手でないのであれば、物理を選択する理由はここにあるのです。

数学が苦手だが、文章を読むのが苦ではなく、資料の読み取りも大丈夫な生徒は生物選択も有りだと考えます。

まとめ

科目の選択は非常に大切です。自分が行きたい大学や学部の情報をしっかりと収集して選択を行うようにしましょう。生物と物理のどちらでも受験できる場合は、数学が苦手ではないのであれば、迷わず物理を選択し、数学が苦手ならば生物を選択で間違いないでしょう。

センター試験「化学・物理・生物」で9割取る勉強法

センター試験で9割を取る勉強法をお伝えしています。勉強に当たっての注意点や参考書・問題集情報なども満載です。是非ご確認ください。

あわせて読みたい記事

スポンサーリンク

フォローする

スポンサーリンク