【大学受験・日本史】立憲政治の成立

立憲政治の成立までの流れをまとめています。その中心にいたのは、伊藤博文です。伊藤博文がどのように立憲政治を確立していったのかを軸にみていくことが大切です。

立憲政治のきっかけ

伊藤博文らが、ヨーロッパでシュタイングナイストからドイツ派の憲法理論を学ぶ

帰国後、大日本帝国憲法の起草。助言者にロエスレル

スポンサーリンク

立憲政治までの重要年号

  • 1884年華族令…旧公家、大名以外でも、国家に貢献したものは、家族になれる道を開いた。
  • 1885年内閣制を施行
  • 1889年大日本帝国憲法発布
  • 1890年府県制が定めらる。

このころは、桂園時代とよばれ、桂太郎西園寺公望が交互に首相になった時代。また、わが国最初の総選挙では、日本の総人口に対して有権者の占める割合は1%強であり、選挙権は、直接国税15円以上の納入する25歳以上の男子に認められていました。

立憲政治の重要人物

  • 黒田清隆…超然主義の立部で、衆議院議員選挙法を公布
  • 山県有朋…徴兵制度を導入。2度にわたり、首相を務める。
  • 松方正義…紙幣整理を断行し、財政の安定に貢献。2度にわたり、首相を務める。
  • 品川弥二郎…第一次松方内閣にて、内務大臣を務め、選挙干渉の指揮

超然主義とは、政府は政党の存在に左右され政策を行われるべきという立場

あわせて確認