立命館大学2018年度新設「食マネジメント学部」とは?

シェアする

2018年度大学入試で大きな変更点がある大学とし立命館大学があげられます。国際関係学部のジョイント・ディグリープログラム、理工学部には環境都市工学科が新設されます。また、現在人気が高まる「食マネジメント学部」も新設されます。今日は立命館大学の食マネジメント学部について見ていきましょう。

立命館大学食マネジメント学部とは?

2018年度から、立命館大学草津キャンパスに新設される「食マネジメント学部」とは、フードマネジメント、フードカルチャー、フードテクノロジーの3つの領域を総合的に学べる学部です。栄養学部系の内容だけでなく経済学や人文学を大きく取り入れた学部になります。

食は、人間が生きるうえで最も大切なもので、食に関わる人類的な諸問題は山積しています。これらの問題を解決する人材を育成するという社会の要請に応えることを目的とし、高度なマネジメント能力と実践的な行動力を備えるため、経済学・経営学を基盤としながら、食科学を学修するのが食マネジメント学部になります。

スポンサーリンク

食マネジメント学部が求める人材

立命館大学の食マネジメント学部が求める人材は、「食についての幅広い興味や関心を抱き、社会と関わる食についての諸分野を統合的に学び、現代社会において実践的な行動力を発揮できる者」となっています。

食に関心があり、将来、食に関する職業や研究をしたい方すべてが当てはまるのではないでしょうか。今人気の栄養系学部と経済系学部を融合したような学部で、開設初年度から人気が高まることは間違いなさそうです。

立命館大学食マネジメント学部の募集人数は?

一般入試や推薦・AO入試あわせて325名ほどの募集人数になりそうです。そのうち一般入試では200名の募集、推薦・AO入試で125名ほどの募集となっています。

  • 一般入試
    3教科型全学統一…115名
    3教科型学部個別配点…20名
    センター試験併用…15名
    センター試験方式…30名
    センター試験方式後期型…10名
    後期分割…10名
  • 推薦・AO入試
    AO入試プレゼンテーション方式…10名
    AO入試自己推薦方式…24名
    外国人留学生入試…5名
    推薦入試(指定校制)…25名
    附属校推薦入試(学内推薦)…50名
    提携校推薦入試…6名

あわせて読みたい記事

スポンサーリンク

シェアする

スポンサーリンク