2019年年度4月立命館大学にグローバル教養学部が開設

スポンサーリンク

2019年4月に、立命館大学いばらきキャンパスに、グローバル教養学部が開設される予定となっています。

立命館大学グローバル教養学部

立命館大学に新設構想中の「グローバル教養学部」は、これからの社会において実践的に問題発見や問題解決をリードする人材を育成する学びの場として、次世代のグローバルリーダーの育成を目的とする学部です。

オーストラリア国立大学との学部共同学位プログラムが実施されることで注目が集まっています。学部共同学位プログラム(デュアル・ディグリー)とは、大学を卒業時に2つの大学からそれぞれの学位を取得できるプログラムのことです。

学部共同学位プログラムを修了した学生は、立命館からグローバル教養学の学士号を、オーストラリア国立大学からはアジア太平洋学の学士号をそれぞれ取得できるようになっています。

スポンサーリンク

入学者は100名

このグローバル教養学部には、毎年100名の学生ができるようになるようです。入学者100名のうち、90名は立命館、10名はオーストラリア国立大学で1年次をスタートさせ、4年間の教育課程を両大学で修めます。もちろん授業はすべて英語で行われます。

立命館の90名の学生は、3年次になるとオーストラリア国立大学で学び、オーストラリア国立大学の学生は2・3年次に立命館で学ぶプログラムになります。

スポンサーリンク

フォローする

スポンサーリンク